口の中も乾燥が天敵!女性ホルモンの変化は口内環境を左右する〈医師監修〉

口の中も乾燥が天敵!女性ホルモンの変化は口内環境を左右する〈医師監修〉

2022.10.19

生理前になると歯茎に違和感がある、年齢を重ねるにつれて口臭が気になってきたなど、口内環境で気になることはありませんか? その変化、女性ホルモンと関係があるかも。口もと美容スペシャリストである歯科医師の石井さとこ先生に、女性ホルモンと口内環境の関係性とその対策を教えてもらいました。

女性ホルモンの乱れは口内環境の悪化につながる

「女性ホルモンの分泌量の変化は口内環境にも影響を与えます。特に生理前や更年期を迎える時など、女性ホルモンのバランスが崩れやすい時期は、歯肉(歯茎)の炎症が頻繁に起こり、悪化しやすくもなります。

思春期、成熟期、更年期と、それぞれのライフステージで起こりやすい口腔内の変化に向き合い、理解して正しいケア方法を日常的に取り入れていくことが重要です」(石井さとこ先生・以下同)

女性ホルモンの変動期による口内環境の変化

まずは、ライフステージの変化に合わせて起こる女性ホルモンのバランスとそれに伴う口内環境について知りましょう。

思春期
「12~18歳の思春期は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌が始まります。中でもプロゲステロンは歯肉内の血管系に作用するため、歯茎の炎症が起こることも。

また、試験勉強や夜更かしなどで生活が不規則になることで免疫が低下し、思春期性歯肉炎になる可能性もあります」

成熟期
「この時期は妊娠や出産を経験する人もいると思います。妊娠をすると女性ホルモンの分泌量が増えますが、同時に口内では女性ホルモンをエサに増える細菌が発生。そのため妊娠性歯肉炎という、歯茎の炎症が起きやすくなります。

妊娠中は、つわりなどで歯磨きケアがいつも通り行えないこともあります。体調が落ち着いたら、歯科医院を受診し、歯肉や虫歯のチェックをしながら、歯磨き習慣を見直すのもおすすめです」

更年期以降
「女性ホルモンが減少する更年期は、心身の変化によるストレスと相まって口内の不快症状が発生しやすくなります。唾液の減少による口内乾燥、舌の痛み、口臭、味覚低下、ドライマウス(口腔乾燥症)で口内環境が荒れるなどが、代表的な症状です。

さらに閉経後は、エストロゲンの減少によって骨密度が低下するため、歯周病のリスクも高まります」

口内の乾燥が気になったら要注意!

「女性ホルモンには水分の保持能力があると言われています。そのため分泌量が少なくなると身体全体がドライシンドローム(乾燥症候群)になる可能性も。乾燥は美肌の天敵と言われますが、口内も同じです。唾液の分泌量が減ることにつながり、ドライマウスの症状が現れてきます。

口内の乾燥が気になりだしたら、女性ホルモンの影響を受けているサイン。虫歯や歯周病にもつながってきますので注意が必要です。特に歯周病は3人に1人の割合で起きているため、世代に関係なく気をつけてください。

歯周病の直接原因は、プラーク(食べ物の残りかすが歯の表面につき細菌が繁殖したもの)に含まれる細菌感染によって起きています。その菌が溜まった状態が続くと他の臓器に移行し、身体の健康を脅かすこともあります。例えば、妊娠中の場合、菌の出す毒素と炎症因子が母体に入り込むことで早産のリスクが上がります。

特に女性は、それぞれのライフステージで女性ホルモンの変動による影響を大きく受けるため、歯周病対策は必要不可欠と言えます」

>>この記事を読んだあなたにおすすめ

よく噛むことと毎食後の歯磨きが対策に

女性ホルモンの影響を受ける口内を心地いい状態に保つためには、よく噛むことと食べた後はきちんと歯磨きをすることがポイントに!

対策1 よく噛んで唾液力を高める

「女性ホルモンの変動で乱れやすくなる口内環境を守るためにも、唾液力アップが決め手になります。そこで大切になるのがよく噛むこと!ひと口につき30回を目安にしっかり噛むことでサラサラした唾液がたくさん分泌され、口内環境が整い、歯の健康を守ってくれます。さらに、口臭予防効果、美肌ホルモンを含み、お肌をキレイにする効果も期待できます。また、噛むという運動は顔周りの筋肉を効果的に動かすため、肥満予防や美しい口もと周りを作ることにもつながります。

最近はマスクをつけていることによって無意識に口呼吸になりやすく、口もと周りの運動量が減っていることもあって唾液不足が起こりやすい状況です。舌を10秒間回すなど、舌を動かすことは唾液力アップにつながるので、意識的に行ってみてください」

対策2 飲食後の歯磨きをきちんとする

「1日2~3回は歯磨きをしていると思いますが、その際は歯と歯茎の間をキレイにすることを心掛けてください。可能でしたら、歯ブラシと歯間ブラシ、またはデンタルフロスを併用することをおすすめします。

歯ブラシ1本での歯磨きの場合、歯垢除去率は約60%ですが、歯間ブラシやデンタルフロスを併用することで90%近くまで高まります」

口内環境の改善は、日々のケアが鍵を握ります。歯周病や虫歯のリスクを軽減することにもつながりますので、毎日の歯磨き習慣から見直してみてください。

>>この記事を読んだあなたにおすすめ

石井さとこ先生(いしい・さとこ)●歯科医師・口もと美容スペシャリスト。歯と身体を美しく保つための食事、歯が美しく見える口もとメイクについてのアドバイスに定評がある。女優・モデル・アナウンサーからの信頼も厚く、歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者として幅広く活躍中。コスメキッチン限定発売のオーラルケア商品「NATURAL DROPS」監修、『マスクしたまま30秒!!マスク老け撃退顔トレ』(集英社)などの著書がある。
https://s-d-m.jp/talents/ishii-satoko/

フェムテックtv
株式会社ツインプラネットが運営するフェムテック情報共有サイト。《毎日をイキイキと、自分らしく過ごす》ため、《自分のカラダについての“知らなかった”をなくす》ことを目的に、女性の健康に関するコンテンツを公開しています。
https://femtech.tv/

木川誠子(きがわ・せいこ)●ライフオーガナイザー1級、アロマ心理の資格を保持。出版社勤務を経て2009年に独立。編集者・ライターとしての経験を活かし、ライフスタイルを仕立てる(tailor)を意味するライフスタイラーとして、美容や食など様々な角度からライフスタイルの情報を発信。ライフスタイルは感性や感覚、体験などで構築されて、ひとりひとり異なるもの。自分自身で感じた感覚を大切に、独自の体感や実感を取り入れながら、雑誌やWEBメディア、カタログなどでの執筆活動をはじめ、メーカーブランディングなども行う。また、姉妹で、完全予約制のプライベートショップ「KIRA CLOSET」を主宰し、ワークショップや食事会を企画、開催。食事会でのメニューはお手軽でありながら、さり気ないおもてなし感が特徴で、レシピは定期的にメディア掲載中。