タイヤから考える、『ブリヂストン』のサーキュラーエコノミー。いいタイヤ、いい循環。

タイヤから考える、『ブリヂストン』のサーキュラーエコノミー。いいタイヤ、いい循環。

サスティナブルなソリューションカンパニーを目指して社会や顧客に価値を提供し続けるブリヂストン。今回、同社が進めるサーキュラーエコノミーの現場を『IIDEAS FOR GOOD』創刊者・加藤さんが見学。『ブリヂストン』Gサステナビリティ部門長・稲継明宏さんとモビリティの未来などについて語りました。


(左から)『ブリヂストン』Gサステナビリティ部門長 稲継明宏さん、『IDEAS FOR GOOD』創刊者 加藤 佑さん。

業界で高いシェアを誇る、タイヤのリユース。


加藤 佑さん(以下、加藤) 最近よく耳にするサーキューラーエコノミーですが、システマチックな図の中で考えがち。やっぱり、循環をつくっているところにはちゃんと人がいて、初めて回っていく。そういう肌触りのある循環経済の仕組みを今日は間近で感じられました。


稲継さん(以下、稲継) タイヤは路面に接する唯一の部品でもあるので、ここが安心・安全でないと成り立ちません。従業員の方々が一つひとつ手でしっかりと確認しながら作業し、安心・安全を担保しています。


加藤 タイヤは耐久性を含めた品質が、ダイレクトに人の命に関わっています。その意味で、『ブリヂストン』にとっては環境や経済だけではなく人の視点からも循環に取り組む価値がありますよね。描かれているサーキュラーエコノミーの全体像について教えてください。


稲継 ここ数年の取り組みの中で、まずサーキュラーエコノミーをモノの循環、資源循環として捉えるのではなく、ビジネスモデルそのものであることを理解すべきだと感じ、今の経営戦略の中にビルトインしたのが大きな流れ。今回ご見学いただいたタイヤのリトレッドだけでなく、ゴムを原材料に戻していくことを含め、もっと大きな循環のカタチづくりを進めようとしています。


摩耗が進んだタイヤの表面を削り、その上に新しいトレッドゴムを貼り付けタイヤを再利用する「リトレッドタイヤ」。今回の見学は埼玉県加須市に本社を置く『ブリヂストンBRM』にて。

加藤 タイヤのリユースは特に環境負荷も低いですし、資源の生産性を含めいいビジネスモデルだなと。そして現在はトラックやバスなど、大きな輸送を支える部分へのサービス、事業者向けに提供をされていますが、個人のお客さまのクルマでも、たとえばカーシェアリングのプラットフォーマー向けにも提供したとしたら、ライフスタイルもビジネスモデルも、より循環型に向かい、リトレッド化していく価値がさらに高まるとも感じました。


稲継 まさにそのとおりだと思います。シェアリング、これはつまり、「所有価値」から「使用価値」へと価値がシフトしていくこと。リユースしたタイヤも、所有だけを考えたら新品と中古廉価品という位置づけになってしまうかもしれませんが、私たちでタイヤを所有し、お客さまに使っていただくというビジネスモデルになったら、当然タイヤのメンテナンスは私たちが担い、お客さまは使うことだけを考えられる。長く快適に使っていただくことで私たちにもメリットがあるので、そうなると本来の意味でのサーキュラーエコノミーに移っていくと感じます。


リトレッドするのは、バスやトラックなど事業系のクルマが使い終えたタイヤ。台タイヤと呼ばれる土台の部分を再利用できるので、大幅な省資源化につながる。

「所有モデル」が描く、モビリティの新たな可能性。


加藤 まさに稲継さんがお話しされたところがサーキュラーエコノミーの一番のポイントだと思います。工業製品において、所有権を移動しないからこそ、つくり手側には製品寿命を延ばすというインセンティブが生まれますし、耐久性を長くすることで、より経済性と環境性が整合していくと思っています。


稲継 同感です。所有モデルがどんどん進化していくと、お客さま一人ひとりに合わせたカスタマイズへとつながっていくと思っています。タイヤにセンサーが付き、クルマの状態を把握し、その情報をもとに運転の仕方やタイヤの種類などを提案していくこともあるかもしれない。


加藤 あらゆるデータをもとにしたプラットフォームとしてのサービス、さらに、モビリティ全般のソリューションにも可能性が広がりますね。


稲継 タイヤは路面に接している唯一の部品。保持しているデータもとても貴重なもので、これを使っていかにお客さまに貢献できるかということがまず第一。そして今ご指摘いただいたように、タイヤが持っているデータをこれからのモビリティに適用することができたら、世界は大きく変わると思います。今はそんな未来に向けて、ノウハウや技術を蓄積している段階です。


公園などに使われる廃タイヤ由来のゴムチップ。

加藤 今はクルマに乗らない人も増えていると聞きます。でも、クルマに乗らないけれど、人々の生活はクルマに支えられています。たとえば、家にいて通販で商品を買うと、届けてくださるのはトラックです。自分が乗る、乗らないにかかわらず、みんな等しく恩恵を受けている。そう考えると、『ブリヂストン』の社会に与えるインパクトは大きいなと感じます。目には見えないけれど、僕も含め、一人ひとりの生活を支えてくださっている物流、輸送の、一番コアな部分を『ブリヂストン』が担っていることは、みんな知ったほうがいいと思います。そんなタイヤが実は環境もドライバーの安全も守る循環型のモデルでつくられていることは、なんか気持ちがよくて、いい暮らし、よりよい未来に直結していく気がします。


稲継 ありがとうございます。社会インフラとしてのタイヤの重要性を考えながら、これからもサスティナブルな社会づくりのお手伝いしていきたいと思っています。


工場で説明を受ける加藤さん。

『ブリヂストン』


1931年創業のタイヤ・ゴム業界におけるグローバルリーディングカンパニー。詳細はこちらから。

記事は雑誌ソトコト2021年9月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP