ローカルのおいしいごはんが食べたい|横手やきそば

ローカルのおいしいごはんが食べたい|横手やきそば

ローカルは食の宝庫だ


ローカルは食の宝庫だと思う。その地域でしか食べられないものがよく店に並んでいる。


鮮度的にどうしても遠方へは運べない場合や、その地域ではメジャーだけど全国区では知られてない食べ物、数が確保できない食べ物もある。


それ以外にも、その地域独特の作り方などの料理もある。


ローカルを知るには食を知るのが一番だ


これは秋田空港で食べた「横手やきそば」。


横手やきそば


横手やきそばのルーツは、第二次世界大戦直後に遡るとか。歴史ある焼きそばだ。


実際に頼んでみると、いつも食べてる焼きそばと異なり、キャベツの他に、ニラやもやしが入っている。


そしてお肉は豚コマ、豚バラではなく、ひき肉だった。そして紅生姜ではなく福神漬が添えられていて、半熟の目玉焼きがのっている。


この日はお店の方が「ごめんね、黄身が潰れちゃってて」と。このコミュニケーションもよい。


実際に食べるときは、先に焼きそばのみで食べて、途中から黄身を絡めて食べる。ソースと黄身が絡んで味変だ。


麺もモチモチとしていて食べごたえ十分。


今度は横手市にお伺いして食べてみたい。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP