「温泉で社交ダンス」も!?青森県がストレスオフ県ランキング男性1位の秘密は「温泉」にあり

「温泉で社交ダンス」も!?青森県がストレスオフ県ランキング男性1位の秘密は「温泉」にあり

2021.07.20

おうち時間も増えた今、みなさんはどんな風にストレスを解消していますか?今回は、昨年発表された「ストレスオフ県ランキング2020」で男性第1位に輝いた、青森県に関するある調査を紹介します。

ランキング上位3位は?


まずは「ストレスオフ県ランキング」の結果をご紹介します!


ストレスオフ県ランキング
参考:オフラボ, ストレスオフ県ランキング2020 発表! 男性第1位は「青森県」女性は「鳥取県」が2連覇, https://stressoff-lab.jp/contents/detail/9036/ (2021/3/19)

この調査結果を詳しく見ると、男性1位の青森県と女性1位の鳥取県には共通点がありました。
それは、どちらの県もリラックス法として「温泉」を選んだ方が、全国平均と比べて多かったようなのです。


“温泉県”の青森県


そこでさらに調べてみると、青森県と温泉・銭湯に関するある調査を発見しました。


調査主体:株式会社読売広告社 ひとまちみらい研究センター 調査名:「青森県民の銭湯について」の調査
調査主体:株式会社読売広告社 ひとまちみらい研究センター、調査名:「青森県民の銭湯について」の調査

これは2021年3月に発表された「青森県民の銭湯について」の調査で、青森県に住む20~69歳の男女のうち、月に1回以上温泉や銭湯に行くと回答した500名を対象に、入浴スタイルやよく利用する施設の入浴料などについて調べています。


その中でも興味深かったのが上記の「入浴スタイル」に関する回答です。
「帰りに、施設近くの飲食店を利用する」や「休憩室で飲食をする」などの項目の他に、「いつも入浴セットを車に積んでおく」と回答した方が4割にも達するようです。入浴セットを車に常備しておくほど頻繁に温泉・銭湯を楽しんでいることに、青森がいかに温泉・銭湯が身近にある地域なのかを垣間見た気がしました。


温泉で社交ダンス?


社交ダンス
写真提供:PIXTA

その他に驚いた項目が「休憩室で社交ダンスをする」です。
「自分でやっている」という回答こそ少ないものの、「知っている」は1割もいらっしゃるようです。
ちなみに私は今まで、休憩室で社交ダンスをしている風景は一度も見たことがありません。(みなさんはありますか?)


そこで調べてみると、「津軽の温泉deダンス!」という記事を発見!
記事内では



津軽のど真ん中で育ったo-rinにとって、近所の温泉で70歳以上の方々が社交ダンスを踊っているのはいつもの光景。
(参考:まるごと青森・津軽の温泉deダンス!



と書かれており、「もしかすると青森には、温泉で社交ダンスを踊る文化が本当にあるのかもしれない!」と思い始めました。
しかし、このサイトを運営する青森県 観光国際戦略局 観光企画課に問い合わせてみるも、当時の担当者がいないことから詳細がわからず…。


そこで、私は直接温泉に聞いてみることにしました。


じょっぱり温泉
じょっぱり温泉(写真提供:青森県観光情報サイト「アプティネット」)

記事内で紹介されていた温泉のうち、「じょっぱり温泉」に電話してみると「今はコロナの影響で大広間はお休みしていますが、以前はそういう方がたくさんいらっしゃいました」との回答が!
詳しく聞いてみると、温泉がオープンした30年ほど前から、口コミで少しずつ社交ダンスをする方が増えていったそうです。
そしていつの間にか週2回決まった曜日が「ダンスの日」となり、その日は温泉も賑わうのだと言われていました。


温泉 休憩所
写真提供:photoAC

温泉で社交ダンスを踊る文化が青森独自のものなのか、各所にお話を伺う中では分かりませんでした。


しかし、社交ダンスを楽しんだ後に温泉でリラックス方や、その休憩所をある意味“社交の場”として活用している方はいらっしゃるようです。
今回は現地取材はできなかったので、ぜひ大広間が再開したら体験してみたいです。


青森の温泉と温泉グルメ


青森県は源泉総数は全国6位、温泉地数も全国5位と、全国でも有数の温泉地です。(平成31年3月末現在)
そこで青森にある温泉や温泉グルメも紹介します!


▼不老ふ死温泉


不老ふ死温泉
不老ふ死温泉(写真提供:青森県観光情報サイト「アプティネット」)

名前のインパクトがすごい「不老ふ死温泉」は海岸がすぐ目の前に広がる露天風呂が有名で、なんと海までの距離が約1m!
夕暮れ時になると景色が全て黄金色に染まることに由来して名づけられた「黄金崎」に建っているため、夕陽を見ながら入浴すればストレスも吹き飛びそうですね。


不老ふ死温泉
夕暮れ時の不老ふ死温泉(写真提供:青森県観光情報サイト「アプティネット」)

▼大鰐温泉もやしラーメン


温泉グルメとして気になったのが、こちらのラーメンです。
「大鰐温泉もやし」は大鰐温泉の温泉熱と温泉水のみを利用して栽培される冬野菜で、約400年も前から栽培されていた郷土野菜です。
独特の香りとシャキシャキとした歯触りを感じることができるそうです。


大鰐もやしラーメン
大鰐温泉もやしラーメン(写真提供:青森県観光情報サイト「アプティネット」)

今回ご紹介した温泉・グルメはほんの一部ですが、青森県だけでなく、皆さんが住んでいる地域にもきっと良い温泉はたくさんあるはず。
ストレス解消法の一つとして、ぜひ地元の温泉を訪れてみてはいかがでしょうか?


 


参考:
青森県, 青森県内の温泉について, https://www.pref.aomori.lg.jp/nature/nature/onsen-kennai-gaiyou.html(2021/3/19)
青森県観光情報サイト「アプティネット」,http://www.aptinet.jp/ (2021/3/19)
オフラボ, ストレスオフ県ランキング2020 発表! 男性第1位は「青森県」女性は「鳥取県」が2連覇, https://stressoff-lab.jp/contents/detail/9036/ (2021/3/19)
株式会社読売広告社 ひとまちみらい研究センター, 「青森県民の銭湯について」の調査(2021/3/16発表)