帝国ホテル東京料理長直伝のフードロス削減簡単レシピ公開

帝国ホテル東京料理長直伝のフードロス削減簡単レシピ公開

スターツ出版(東京都中央区)の運営するウェブサイト「OZmall(オズモール)」が著名人やプロと考える“小さなSDGsアクション“「#サステナブルチャレンジ」特集で、長年サステナブルな活動に取り組む帝国ホテルの東京料理長・杉本雄さん直伝の自宅でできるフードロス削減簡単フレンチレシピを公開しています。


 


“意思のある、私らしい行動”を応援


雑誌「 OZmagazine(オズマガジン)」のウェブ版としてスタートした「OZmall」は、グルメ・旅・ヘルスケアなどに関する特集記事や、ホテル・温泉リゾート・レストラン・ビューティサロンなどの厳選プランをWeb予約できるサービスを掲載しています。


SDGsについても、「何から始めればよいの?」と難しく考えてしまうオズモール読者の“意思のある、私らしい行動”を応援するため、著名人やプロにガイドしてもらい、楽しみながら始められる“小さなSDGsアクション”を「#サステナブルチャレンジ」として紹介しています。


 


帝国ホテル・東京料理長直伝のサステナブルなレシピ


今回は、自宅でできる “#サステナブルチャレンジ”として、帝国ホテルの東京料理長・杉本雄さんが紹介するサステナブルな出汁の取り方&簡単レシピを公開しました。


サステナブルなポイントは、日頃捨ててしまいがちだけれど、うま味たっぷりの頭や骨などの“アラ”から出汁を取るフードロスの削減。ひと手間かけて取ったサステナブルで万能な出汁「フュメ・ド・ポワソン」を使い、料理長直伝の簡単フレンチレシピを紹介しています。


 


帝国ホテルのサステナブルな活動


2020年11月3日に開業130年を迎えた日本を代表するホテルのひとつ帝国ホテルでは、2001年から「環境委員会」を設置して環境に配慮する取り組みを開始。2020年からはさらにSDGsに積極的に取り組む「サステナビリティ推進委員会」に名称を改め、オズモールではその取り組みについても取り上げています。


「ホテルと考える、これからのわたし 帝国ホテルの取り組み」


魚の旨みがギュッと凝縮された出汁
魚の旨みが凝縮された出汁 フュメ・ド・ポワソン

記事にはレシピや動画のほか、「素材を余すことなく使い切るのは、フランス料理の基本」といった杉本シェフのインタビューも掲載されています。最も身近な#サステナブルチャレンジとして、料理に取りかかる前に記事を読むことから始めてみてはいかがでしょうか。


■帝国ホテル・杉本東京料理長が伝授!魚の頭や骨も無駄にしない、出汁の取り方&アレンジレシピ【サステナブルチャレンジ】記事はこちら

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP