ローカルのおいしいごはんが食べたい|チャーシューエッグ

ローカルのおいしいごはんが食べたい|チャーシューエッグ

ローカルは食の宝庫だ


ローカルは食の宝庫だと思う。その地域でしか食べられないものや、その地域の方向けの食べ物がよく店に並んでいる。


鮮度的にどうしても遠方へは運べない場合や、その地域ではメジャーだけど全国区では知られてない食べ物、数が確保できない食べ物もある。


それ以外にも、その地域独特の作り方などの料理もある。


そして、その地域で昔から食べられているものには、ストーリーもある。


ローカルを知るには食を知るのが一番だ


今回は東京は豊洲市場にある「とんかつ八千代」さんのチャーシューエッグ。


チャーシューエッグ


名前の通り、目玉焼きとチャーシューを組み合わせた品だ。


目玉焼きは完全に半熟状態、そこに数日煮込んで作られた厚切りのチャーシューがのっている。しょうゆやソースをかけなくても、チャーシューの味付けで十分おいしい。


そして、この半熟の黄身とチャーシューを絡めながら食べる。


定食なので、ご飯もついてくるので、チャーシューと黄身、そしてご飯を一緒に。


いつもの卵ご飯の豪華版にもなる。


築地市場から移転してきたお店で、そもそもは市場で働く方々の食堂でもある。そんな方々に愛されてるきた店の雰囲気だ。


遅い時間に訪れたが、お客さんを見渡しても、仕事終わりの方もいらっしゃる。


また、市場が近いので、新鮮な魚やエビのフライなども多い。


今度は市場ならではの、魚介類のフライに挑戦してみたい。


豊洲市場にある、大正元年から続くカレーはこちら

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP