たまごサンドなのに卵不使用?話題の“プラントベースフード”店へ行ってみた!

たまごサンドなのに卵不使用?話題の“プラントベースフード”店へ行ってみた!

ヘルシーで地球にも優しいと、今注目を集めている“プラントベースフード”。プラントベースフード専門チェーン「2foods(トゥーフーズ)」では、「本当に動物性原料を使っていないの?」と驚くようなメニューがあるとのことで、お店へ行ってみました!開発担当者さんにも商品の魅力やこだわりについて伺ってきたので、詳しくご紹介します。

今話題のプラントベースドフードブランド「2foods(トゥーフーズ)」とは

2foods 渋谷ロフト店

2foods(トゥーフーズ)」は、現在、渋谷・六本木・八重洲地下街・麻布十番・人形町など、東京を中心に店舗を構えるプラントベースドフードブランドです。すべてのメニューは動物性原料を使わず、植物性原料のみで作られています。肉や魚はもちろん、卵や乳製品、白砂糖なども使われていません。

店内は明るく開放感があり、1人でも入りやすい雰囲気

美味しくヘルシーな2foods(トゥーフーズ)のメニューはTVで取り上げられたり、SNSで話題になったりと注目を集めています。今回は渋谷ロフト店に伺い、商品の魅力や開発のこだわりなどを取材してきました。

2foods(トゥーフーズ)のコンセプトは「ヘルシージャンクフード」

「Yummy」と「Healthy」を両立するプラントベースフード

2foods(トゥーフーズ)のメニューは「ヘルシージャンクフード」がコンセプト。味覚を刺激する美味しさ「Yummy」と、食べることで体を整える健やかさ「Healthy」の2つを併せ持つプラントベースフードを提供しています。

約60種類のメニューが手頃な価格で楽しめる

メニューにはドーナツやバターチキンカレーなど食事やデザート、ドリンクなどが種類豊富に揃っており、ほとんどのメニューが1000円以下の価格で味わえるのも嬉しいポイント。まるで本当に動物性原料を使っているかのように見た目や味が忠実に再現されているのも大きな魅力です。ジャンクフードの美味しさや食べた後の満足感を我慢せず、しかもヘルシーに食べられるなんて嬉しいですよね。

プラントベースフードは環境や動物にも優しい

プラントベースフードを選ぶことで地球にも良い影響が生まれる

なぜ今プラントベースフードが注目されているかと言うと、理由は一つではありませんが、畜産業がもたらす環境問題動物愛護の観点が挙げられます。

畜産業は、莫大な土地やエネルギーを必要とするため、森林破壊や水質汚染、温室効果ガス排出など、様々な環境問題を引き起こす要因となっています。また畜産動物の残酷な飼育環境や、多くの命が犠牲になっている現実を知り、プラントベースフードを取り入れる人が増えてきているのです。プラントベースフードを選ぶことは自分に良いばかりではなく、環境や動物にも優しい選択と言えます。

香りにまでこだわった「まるでたまごなドーナツサンド」

卵不使用の「まるでたまごなドーナツサンド」

2foods(トゥーフーズ)の中でも人気のメニュー、「まるでたまごなドーナツサンド」。どんな食材を使っているのか?どのように本物の味に近づけているのか?など、開発担当者の及川さんにお話を伺いました。

卵不使用のたまごサンド!開発担当者へインタビュー

たまごを再現するために使われている食材とは?

まるでたまごなドーナツサンド」は、卵を使わずに再現したたまごを、ふわもち食感のドーナツ生地でサンドしたボリュームのある一品。開発で特に難しかったのは、卵の“香り”を再現することだったのだそう。

及川さん 白身に豆腐を、黄身にカボチャを使うことで食感は寄せられるのですが、口に入れた時の卵の香りは再現が非常に難しかったです。私たちは食べた時の一口目の印象を大事にしているので、口に入れた瞬間の卵の独特の香りを引き出すために、ある特殊なスパイスを使用しています。そのスパイスを使うことで、食べる直前からふわっとたまごの香りがして、食べている時も鼻から抜ける香りが忠実に再現できていると思います。

お食事系ドーナツの他に、カラフルなスイーツ系のドーナツも

さらにこだわっているのは、ふわもち食感のドーナツ生地

及川さん 乳とバター、卵が一切使えない制限の中で、もっちり、ふわふわしたドーナツの食感を再現するために、長時間低温で発酵させるというところにこだわっています。人形町にセントラルキッチンがあるので、自社でそれを管理できることが食感を出すための強み。毎日ちゃんと食感が再現できているか、条件を見ながら、温度と闘いながら作っていますね。

気温や湿度などの条件に合わせて発酵時間を日々管理しているからこそ、いつでもふわふわもちっとした食感が楽しめるのですね。

及川さん 他にもドーナツを揚げる時に生地が吸う油の量を半分にできる特殊機械を導入しています。それを使うことで、胃もたれしない、あっさり食べられる仕立てになっています。他にも豆乳を生地に練り込むことでもっちりした食感を出したり、ごく少量のシナモンを入れることで、その香りによって食べ飽きない美味しさを演出したりとこだわって作っています。

「まるでたまごなドーナツサンド」を食べてみた!

「まるでたまごなドーナツサンド」To Go:518円、Here:528円(税込)

細部にまでこだわって作られた「まるでたまごなドーナツサンド」。気になったので食べてみました!見た目はボリュームのあるサイズ。ドーナツ生地は油が控えめなだけあって表面はさらっとしており、手で触っても油でべたつきません。

一口食べてみると、ふわっとたまごの香りが鼻に抜けてびっくり!「これ本当にたまごじゃないの?」と疑ってしまうくらいたまごそのものの風味でした。ドーナツ生地はまさにふわもち食感。軽いので食べ進めていってもくどくなく、ほんのり甘みがあってやみつきになる美味しさ。食べた後の満足感もあり、これでカロリーも抑えられていることに感動してしまうほどでした。

スイーツもカレーも!おやつから食事まで楽しめる充実のメニュー

ランチやおやつはもちろん、差し入れに喜ばれそうな映えスイーツも。

2foods(トゥーフーズ)には他にも気になるメニューがずらり。「ラズベリーピスタチオドーナツ」は渋谷ロフト店で一番の人気メニューで、着色料を使わずに、素材そのものの鮮やかな色を出しています。

「ラズベリーピスタチオドーナツ」To Go:410円、Here:418円
「ソイチキンタツタドーナツサンド」To Go:626円、Here:638円

及川さん 「ソイチキンタツタドーナツサンド」も人気で、大豆由来のチキンを使いながらも鶏肉の食感がしっかり再現できていたり、中からじゅわっと肉汁が出てくる感じも楽しめます。タルタルソースも卵を使わず、豆乳マヨネーズとたまごサンドにも使用したスパイスを使って再現しています。

ドーナツ以外には、「まるでバターチキンカレー」や「スパイシーまぜそば」、渋谷ロフト店限定の「濃厚やみつき担々麺」が人気とのこと。

「まるでバターチキンカレー」To Go:950円、Here:968円

及川さん 「まるでバターチキンカレー」は豆乳バターを使ってしっかりコクを出しています。お肉も鶏肉の繊維が再現されている大豆由来のチキンを使用し、お肉感をしっかり感じられます。また、トマトをたっぷり使うことで、この一皿で一日に必要な2分の1の野菜が摂れるところにもこだわりました。

カリフラワーを加えたヘルシーなオリジナルライス。味や食感も気になるところ。

及川さん ご飯は玄米とカリフラワーを混ぜたオリジナルライス。玄米は体に良いですが、消化が遅いので慣れていない方は体が疲れてしまったり胃もたれしてしまったりしやすいんです。カリフラワーは消化も良いですし低カロリーなので、玄米と混ぜることでより食べやすい、バランスの取れたオリジナルライスになったと思います。

この「まるでバターチキンカレー」は、一般的なインドカレー屋さんで食べるカレーの大体6~7割までカロリーが抑えられているのだそう。満足感のある味とボリュームでカロリーを抑えられるのは嬉しいですね!

専門店レベルの味を目指す「2foods(トゥーフーズ)」のこだわり

全国展開でもっと身近な存在になっていく可能性も

こだわりの詰まったレベルの高いプラントベースフードを提供する2foods(トゥーフーズ)。これからも様々なヘルシージャンクフードの開発や、全国展開を予定しているのだそう。

及川さん 今あるメニュー以外にも、オープン前には50個ほど並行して開発を進めていましたが、納得のいくレベルまで再現できなかったものは商品にはなっていません。目指しているのは、その専門店に行っても味わえるくらいのレベル。ジャンクフードの代表と言えるピザやハンバーガーは絶賛開発中です。

渋谷ロフト店限定「濃厚やみつき担々麺」Here:968円

他にも中華系メニューの商品開発のために、まずはヴィーガンオイスターソースを開発したり、グリーンカレーに使われるナンプラーを1から作ったりと、調味料の開発もしているのだそう。調味料からの開発は大変そうにも見えますが、根本からプラントベースフードと向き合い、こだわりを持って開発されているのが伝わってきます。

及川さん これからも様々なメニューを展開することで、我々を取り巻く環境や、他のプラントベースフードを出しているお店、原材料メーカーさんもどんどん盛り上がってくるのかなと。その盛り上がりの結果、皆さんがすぐ手に取れるような商品が市場にあふれてくると思います。そのためにも、我々は“ヘルシージャンクフード”というコンセプトから気軽にプラントベースフードを食べてもらい、結果、ヘルシー要素やエシカル要素を知っていただくことで、プラントベースフードの入り口を広げて、ハードルを下げられる存在になりたいです。

まだまだプラントベースフードを専門とするお店は少ないですが、2foods(トゥーフーズ)からプラントベースフードの美味しさや魅力が広がっていくことを期待しています!

渋谷ロフト店はフードテックパークも楽しめる!

商品は定期的に入れ替わり、最新のフードテックやエシカル商品と出会える

2foods(トゥーフーズ)渋谷ロフト店には、世界中から選び抜かれた最新フードテックブランドを体験できるスポット「FOOD TEDH PARK(フードテックパーク)」が併設されています。ここでは、世界中のフードテックやエシカルでサステナブルな商品を「見る・触れる・知る・食す」ことが可能なのだそう!
※当面の間、感染症対策として試食の提供は停止いたします。

廃棄されるはずのカカオなど、エシカルな素材で作られたジン

展示されている商品の横にはタブレットが設置してあり、タブレットを見るとその商品の魅力や背景を知ることができます。商品は期間ごとに入れ替わっていくそうなので、お店に足を運んだ際はFOOD TECH PARK(フードテックパーク)も覗いてみてくださいね。

2foods(トゥーフーズ)の心も体も地球もハッピーにするプラントベースフード

“ヘルシージャンクフード”を一度味わってみては?

「動物性原料を使っていなくても、食事ってこんなに楽しめるんだ」と気づかされる2foods(トゥーフーズ)のプラントベースフード。ヘルシーで美味しいだけではなく、環境や動物にも優しい食事は、心や地球までもハッピーにしてくれますよ。ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

▼取材協力

2foods(トゥーフーズ)渋谷ロフト店

《店舗詳細》
・住所:東京都渋谷区宇田川町21-1 2階
・電話番号:03-6416-4025
・営業時間:11:00~20:00
※コロナ禍では営業時間が変動する可能性があります
・定休日:無休(渋谷ロフトの営業時間に準ずる)
・アクセス:東京メトロ銀座線・副都心線・半蔵門線・東急田園都市線『渋谷駅』A3番出口から徒歩3分
       JR線『渋谷駅』ハチ公口から徒歩5分
・公式サイト:https://2foods.jp/

取材・文:さいとうえみり
写真:2foods、さいとうえみり

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP