雪とアートのある暮らし。新潟県十日町市の移住体験ツアー、参加者募集中!

雪とアートのある暮らし。新潟県十日町市の移住体験ツアー、参加者募集中!

PR

2021.10.28

田畑や山々が連なる風景や、冬の雪景色が印象的な新潟県十日町市。地元にはさまざまな背景や思いを持った人々が多様な暮らしを営んでいます。そんな暮らしを、雪・アート・食・農をテーマにしたプログラムを通じて体験してみませんか? すべてのプログラムは2022年2月28日まで希望の日程で開催可能。オンラインから日帰り、短期滞在まで、バラエティ豊かなプログラムが揃っています!

『Tunnel of Light(清津峡渓谷トンネル)』。ダイナミックな岩肌が特徴の渓谷とアートのコラボレーションを楽しめる。

新潟県十日町市とは?

豊かな自然、文化、アートが根付く雪国

新幹線と在来線で、東京から約2時間。

「世界有数の豪雪地域」といわれる新潟県十日町市。信濃川を取り巻く日本の原風景が残る、山間の自然豊かな地域です。春夏秋冬の変化がはっきりしていて、特に冬には数メートルを超える積雪も。そんな季節の変化に柔軟に対応しながら、数万年前の縄文時代から多くの人々が暮らしてきました。長い歴史の中で培われてきた雪国ならではの暮らしや文化、食や産業には、多くの知恵と工夫が詰まっています。

今回開催されるのは、雪国の暮らしやアート、食文化の体験などを通じて地域を理解しながら、十日町で暮らす移住者や彼らを受け入れてきた地域住民と交流できるプログラム。十日町での暮らしに興味がある方、雪国での暮らしを体験してみたい方、新たな世界を覗いてみたい方……ピンときたら、ぜひ気になるプログラムにエントリーしてみてください!

1. 雪

【日帰り】雪国の暮らし体験

かつては冬を越すのに欠かせない道具の一つだったかんじき。

博物館見学やかんじき作り、古民家での囲炉裏体験を通じて、雪と共に生きてきた十日町の歴史を学び、現代にも通じる雪国特有の生活文化を体験します。仲間同士で参加するのもおすすめです!

かんじき作りを教えてくれる阿部さんは十日町生まれ・十日町育ち。小さい頃から雪は身近だったといいます。「雪国の暮らしで、かんじきはとても象徴的な道具です。私も小さい時にはよくかんじきを使っていました。最近では除雪技術などが発達して日常的に使うことは減りましたが、雪の上を歩く上ではとても便利です。一緒にかんじきを作って雪の上を歩いて、雪国の暮らしを一部体験してみましょう!」

2. アート

【日帰り】アートのある暮らし体験

『越後妻有里山現代美術館 MonET』。大地の芸術祭の拠点施設。2021年7月に常設展示の入れ替えを行いリニューアルオープンし、著名な現代美術作家の作品が並ぶ。

十日町は、世界最大規模の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の里でもあるんです。このプログラムでは、2021年7月にリニューアルしたばかりの越後妻有里山現代美術館や『まつだい農舞台』を地元ガイドと一緒に鑑賞し、アートのある暮らしを体験します。

大地の芸術祭の作品『農舞台』の中にある食堂。テーブルや天井が鏡になっている。地域の食材をふんだんに使った田舎料理を食べられる。

全国でも数少ない、自然とアートをたっぷり満喫できる暮らし。広々とした大地を彩る数々の作品を眺めれば、きっと心がスッキリするはず。十日町駅からまつだい駅までのローカル線「ほくほく線」からの景色もおすすめです!

3. 食

【オンライン】新潟名物・笹団子作り体験

新潟県で最も愛されている伝統的なお菓子「笹団子」。笹団子作り名人にオンラインで教わりながら、おうちで一緒に作りましょう。上手な餡の包み方、笹を巻いた後の紐の結び方などを丁寧に教えてもらえます。また笹団子を作りながら、十日町の食文化や暮らしについても知ることができます。

必要な材料はすべて自宅に届くので、道具とスマホさえあれば誰でも楽しめますよ!

【日帰り】食文化体験

お米、山菜、発酵調味料、地元産の新鮮な野菜……十日町の食文化には、雪国の風土や気候の影響が色濃く映されています。地域の人に教わりながら、そんな特徴的な郷土料理を一緒に作ってみましょう。十日町の強くしなやかで多様な営みを知ることができるプログラムです。

4. 農

【日帰り】農のある暮らし体験

十日町の見どころの一つとなっている「星峠の棚田」を歩きながら、農のある暮らしの実践者として古民家「トロノキハウス」を拠点に農業活動をする移住者と交流するプログラムです。地元食材のお弁当ランチも楽しめますよ!

5. もっと暮らしをのぞいてみる

「十日町に移住した方のリアルな話を聞きたい」「丸一日滞在してみたい」「十日町での暮らしをもっと具体的にイメージしたい」という方には、オンラインでの移住相談や1泊2日の移住者をめぐるツアー、ワーケーション体験がおすすめ。

十日町は、農家、行政職員、個人事業主や地域おこし協力隊から着物職人まで、多くの移住者が住む町でもあります。移住の先輩から色々なぶっちゃけ話などを聞いてみましょう。どんな理由で移住したの? 住む前と住んでみての違いは? 雪の心配は? など、気になることをなんでも聞けちゃいます。

さらにワーケーション体験では、ゲストハウスを貸し切った滞在、コワーキングやレンタカーもアレンジ可能(1泊2日から)。自然の中でフリースタイルな日常を楽しめます。

十日町へ移住して生業をもつ人々と話したり、いろいろな方に実際に会って時間をともに過ごすことで、移住者と顔の見える関係を築けます。これからのライフプランもより明確になるかもしれません。希望日に応じて開催されるので、まずは気軽に問い合わせてみてはいかが?

●お問い合わせ先
株式会社HOME away from HOME Niigata

※本プログラムは、十日町市による「令和3年度移住体験プログラム」の一環で行われます。