埼玉県民ならわかる?「男衾駅」なんと読む?【読めたらすごい駅名クイズ】

埼玉県民ならわかる?「男衾駅」なんと読む?【読めたらすごい駅名クイズ】

2022.02.21

「男衾」駅、これ読める?



答え:おぶすま

答えは「おぶすま」駅でした!男衾駅は埼玉県大里郡寄居町にある東武鉄道東上本線の駅です。大正14年7月10日に開業しました。

駅名の由来

なぜ男衾という名が付いたのかというと、寄居町と合併する前の男衾村の名残りなのだとか。ちなみに男衾村は、奈良時代のはじめに武蔵の国に男衾郡が設置され、男衾から1㎞ほど離れた場所にあった小被(おぶすま)神社が旧男衾郡の総鎮守であったことから明治22年にその名に因み村名となったそうです。

男衾自然公園

男衾駅から歩いて19分、車で4分ほどの場所に位置する男衾自然公園は桜が見れるスポットとして知られています。もともとこの場所は数十年間、放置された里山だったものを平成23年に地元の有志諸氏が借り受けて蘇らせたのだそう。現在は民間ボランティア団体 男衾自然公園管理組合を設立し、より自然豊かな里山にするため桜の苗木やもみじなどの植樹を行うなどしています。桜の苗木はおもに「アーコレード(和名:男衾桜)」を植樹しており、春と秋の2季咲きをするのが特徴です。また毎年4月上旬にはさくら祭りを開催しています。



今回は「男衾」駅をご紹介しました!

参考:埼玉みどりのポータルサイト 美緑にアクセス!(https://midorinoportal.pref.saitama.lg.jp/)
参考:TOBU(https://www.tobu.co.jp/)