東海地方ならでは? モーニングが買える自販機【ローカル自販機①】

東海地方ならでは? モーニングが買える自販機【ローカル自販機①】

2022.07.16

コロナ禍での非接触需要や人手不足の解消などが追い風となり、いま、自販機が見直されています。ラーメンに焼肉、スイーツなど話題性のある自販機も次々に登場しています。自販機であれば24時間いつでも買いたい時に買いに行け、購入の際に人と話す必要がないなど、気楽に買い物ができるメリットもあります。首都圏でもユニークな自販機が増えていますが、地方都市の岐阜県にもご当地色の強い自販機がたくさん誕生しています。今回は、中部地方のモーニング文化を体験できる自販機があるとのことで伺ってみました。

東海地方のモーニング文化を自販機で発信

岐阜市長良福光西にある「ラスティコ」。店舗は現在市内に4箇所あるが、自販機があるのは長良にある1号店のみ。

東海地方の喫茶店では朝の時間帯、ドリンクを注文するとおまけでトーストやゆで卵、サラダなどが付いてくる“モーニング文化”が浸透しています。最近はおしゃれなカフェやお寿司屋さん、インド料理屋さんなどでもモーニングサービスを始めるところが多く、その裾野は広がり続けています。

そんなモーニングサービスは、店内で飲食しないと体験できないのが基本でしたが、コロナ禍では密になって食事をするのを避ける人が増えています。そんな声を受けて、自販機でモーニングを販売してくれる店舗が現れました!

「ラスティコ」の長良1号店。店内飲食のほか、パンの販売も行っている。

モーニングセットの自販機販売を始めたのは、岐阜市福光西にある人気のベーカリー「rustico(ラスティコ)」の長良1号店。フランスパンを日本に広めたフィリップ・ビゴ氏の元で修業を積んだ林秀樹オーナーが開いたお店で、厳選した素材を使い、細部にまでこだわったパンが売りです。

「ラスティコ」の店内でいただけるモーニング。ボリューム満点で大満足のメニュー。

店内でいただけるモーニングは、ドリンク代のみで常時7種類ほどのパンが盛られたプレートが付いてボリューム満点。こだわりパンのお得なサービスを求めてすぐに満席になってしまうほどの人気店です。

自販機で販売されるモーニングセットの中身。パンは7種類、発酵バターとムレスナティーのティーバッグが付く。

そんなお店のモーニングをそっくりそのまま買うことができる自販機が誕生したのは2022年3月。自販機のパンは急速冷凍されたもので、店内と同様にドリンク、発酵バターも付けて販売しています。その日の朝焼き上がったパンを特殊な機械で急速冷凍させて販売していらっしゃるので、家に持ち帰って解凍して焼いて食べると、出来立てのような味を楽しむことができます。

毎日20~30食を自販機に入れるそうですが、開店前から並ぶ人がいるほど自販機モーニングは注目を集めており、午前中には売り切れてしまうこともしばしばです。

冷凍パンの美味しさに驚き!

冷凍されたパンは7種類。ハード系からキッシュまで様々なラインナップ。

パンは焼きたてを保湿し、急速冷凍してあります。解凍方法は、2時間ほど常温でゆっくりと待つこと。その後、オーブントースターで焼くと美味しくいただくことができます。

ラスティコのマネージャー・杉山恵未さんは、「冷凍のパンって美味しさが落ちてしまうんじゃないの? って思われる方もいるかもしれませんが、焼きたてを冷凍して、食べる時にゆっくり解凍して焼くと、本当に出来立てのような美味しさが味わえるんですよ。このことを自販機をとおして皆さんに知ってもらいたいですね」と話します。

コツはゆっくりと解凍すること。食パン、ハード系のパン、キッシュに甘いパンまで、どれも焼きたてそのものの味が味わえるので感動です!

ドリンクや発酵バター付きが嬉しい

モーニングセットにはムレスナティーも付いており、自宅でも簡単にモーニングを楽しむことができる。

自販機の冷凍パンにはスリランカで栽培される良質のセイロンティーブランド・ムレスナティーのティーバッグが添えられています。ムレスナティーはフレーバーティーの種類が多いのが特徴。ラスティコ店内で提供されるモーニングでもムレスナティーは定番ドリンク。自販機でランダムに出てくるティーバッグでどの香りが出てくるのか期待しながら買うのも楽しいです。

また、パンにはお店こだわりの明治の発酵バターも添えられています。食パンやハード系のパンの上にバターを置いてとかしながら食べると美味しさが一層増しますよ!

まとめ

今回は、岐阜市の人気ベーカリー「ラスティコ」のモーニングセットの自販機販売を紹介させていただきました。こちらの商品はモーニングセットとして売り出されていますが、7種類もパンが入っていてボリューム満点なので、少しずつ解凍して食べるのもありですし、家族で分け合って食べてもいいと思いました。

また、パンは一般的に午前中に買いに行かないと美味しいものがゲットできないことが多いのですが、こちらのお店の自販機パンは冷凍で販売されているので、家の冷凍庫にストックしておいて、食べたい時に解凍して焼きたてのようなパンが食べられるというのもいいなと思いました。自販機は人気で午前中に売り切れてしまうことが多いのですが、今後数販売する数が増えてくれば、夕方など会社帰りに翌朝のパンを買う事などもできそうです!

自販機での冷凍パンの販売は、新たなパンの楽しみ方を発見できそうな取り組みなのではないかと思いました!ぜひ一度買いにいってみてください!


写真・文:各務ゆか
取材協力:ラスティコ