【北海道カントリーサイン】 このサインはどこのまち? ヒントは「飛行機」と「美しい花」

【北海道カントリーサイン】 このサインはどこのまち? ヒントは「飛行機」と「美しい花」

2022.07.17

町と町の境目にある国道に設置されているカントリーサイン。その町の名前と共に特産品や観光スポットが描かれた町のシンボルでもあります。車で走行中にどの町に入ったかわかるためなくてはならないサインですね。このサインは一体どこの町? 気になる答えは??

最大のヒントは「飛行機」で、道北の玄関口になる空港があるまち

カントリーサイン

道北の玄関口である空港を備えた町。花の生産が盛んな町としても全国的に有名です。

空港は、2018年に国際線を備えてリニューアルオープン。お土産ショップのほか、フードコート「そらいち」では、周辺の街のおいしい味覚を堪能できるとあって、食事を目的に訪れる地元の方も多いのだとか。

また、花の生産が盛んで、まちのいたるところに花が植えられ、美しい街並みが魅力的です。

キャンプ場・温泉・コテージ・パークゴルフ・水辺の遊戯設備を備えた森林公園は、町民はもちろん周辺の町からも毎年多くの人が訪れる人気のスポット。春から秋までにぎわうこの町の象徴的な観光地です。

【その他のヒント】
・人口は約1万人。北海道で第2位の都市の隣町
・道内で5番目に面積の小さい町
・空港があり、道北都市の玄関口
・キャッチコピーは「すてきな笑顔と花のまち」。
・米作りも盛んで、人気のふるさと納税返礼品の第一位はお米。
・アウトドア好きな人に人気の広大なキャンプ場がある
・地名はもともとアイヌ語で「神々の遊ぶと ころ」の意訳
・マスコットキャラクターは「かぐらっきー」

まちで暮らす人曰く「北海道で一番の住みやすい町」

カントリーサイン

地方創生・町づくりを住民とワークショップを開き協働で進め、人口は平成27年には北海道で一番増加率の高い町となり、1万人を超えました。このまま引き続きこの町で暮らしたいと思っている住民が8割以上といいます。

道内で5番目に面積の小さい町ですが、平成元年より開始された大規模宅地開発により人口が増加したことも理由でしょう。

中核都市とオシャレで元気な人気の町に囲まれていて、利便性がよく、自然豊かで、子育てのしやすい町という声が多く聞かれます。

  • 1/2