「鱒」なんと読む?鱒子の醤油漬けが美味!

「鱒」なんと読む?鱒子の醤油漬けが美味!

「鱒」なんと読む?


 
カラフトマス 写真提供:写真AC

答え:ます


答えは「ます」でした!鱒のほかにも「鮅」と書き、昔は「麻須」という漢字が当てられていたことも。
鱒はサケ科魚類すべての総称を指しており、奈良時代頃にはすでに漁獲対象にされ、多くの人に利用されてきたと言われています。


鱒子


鱒の卵巣を醤油漬けや塩漬けにした「鱒子」は鮭いくらよりリーズナブルな価格で手に入ることで知られています。北海道を中心に作られており、おもにカラフトマスの卵巣が使用されているのだそう。
鮭いくらよりも小粒ですが、その分、鮭いくらよりも甘みが強いのだとか。






今回は、鱒をご紹介しました。北海道寿都町ではふるさと納税の返礼品にもなっているそうですよ。