【鹿田産業がショールーム改装】「サスティナブルな竹すだれ・籐素材を使った次世代のホテル空間」をコンセプトに

【鹿田産業がショールーム改装】「サスティナブルな竹すだれ・籐素材を使った次世代のホテル空間」をコンセプトに

2022.11.04

株式会社鹿田産業は、福岡八女本社にてSHIKADA SHITSURAIショールームを2023年1月、改装オープンします。

鹿田産業は 竹素材はもとより地域の工芸品である「い草」や、輸入素材の「籐」など創業以来、天然素材のみにこだわって参りました。古来より日本では、来客の際に天然素材を使って室内をしつらえる室礼文化が根付いており、自然に寄り添ってきました。

SHIKADA SHITSURAIショールームは、6つのゾーンで構成されており、持続可能な素材を使った次世代のホテル空間がコンセプトです。エントランス、ラウンジ、客室、ショップの各々のゾーンは、ホテルデザイン。すだれ生地サンプルを手に取ってみることができる製品ギャラリーゾーンとともに、当ショールームの特長である実験ルームゾーンでは、すだれ生地の伸縮特性や、透過性などを検証できるラボラトリーを併設しております。

鹿田産業がメインとして扱う竹素材はしなって折れにくい特性がある事から、大型の壮観な装飾を可能としながらも、細い竹ヒゴを編んだすだれ生地は、繊細で優美なデザインを表現できます。ショールームでは、1本1本細い竹ひごを織機によって職人が手作業で編んだすだれ生地の繊細さを活かして、天井装飾や壁面で使った例、照明のシェードなど様々な用途でデザインしました。

竹と同様地球にやさしい多年草植物である籐(とう)素材を取り扱いはじめて40年の弊社は、日本人に馴染み深い籐素材の良さを提案するべく、サスティナブルなホテル内装に相性抜群の籐家具を、隈研吾氏にデザインを依頼。今までにないモダンなデザインの籐家具をラウンジや客室空間に配置しています。
これらショールーム見学とすだれ工場での編み体験ができる、地域観光ツアーパックも販売予定です。
https://shikada.co.jp/