【陸前高田市の震災復興米「たかたのゆめ」のパックライス】コロナ禍苦しむ子ども食堂支援。

【陸前高田市の震災復興米「たかたのゆめ」のパックライス】コロナ禍苦しむ子ども食堂支援。

2022.11.19

株式会社フロムゼロは、陸前高田市の震災復興米「たかたのゆめ」の販路拡大のため、子ども食堂支援寄付つきオリジナル商品「パックライス たかたのゆめ」を開発しました。

商品概要

商品名:パックライス たかたのゆめ​
発売時期:2023年1月後半~発送(予定)【各種ふるさと納税ポータルサイトに掲載中】
※商品ページリンク/予約受付中「たかたのゆめ」パックごはん24P【寄付額 ¥10,000】
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/03210/5570437
https://item.rakuten.co.jp/f032107-rikuzentakata/rt1720/
※その他各種バリエーションがあります。

内容量:1パックあたり150g
賞味期限:製造日より8ヶ月
企画・販売元/株式会社フロムゼロ

美味しさの特徴

レンジでチン!するだけで、いつでもお手軽に炊きたてのご飯をお召し上がりいただけます。
一般的なパックライスと比べて大きめの米粒、つややかな見た目とすっきりとした甘味、もっちりとした粘り気のある食感が特長です。さらに、冷めてもおいしく時間をおいてから食べるお弁当やおにぎりなどにも適したお米です

【比較画像】左:一般的なパックライス/ 右:パックライス たかたのゆめ

陸前高田オリジナルブランド米【たかたのゆめ】

「たかたのゆめ」は、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた陸前高田市の農業の復興を目指し、JT(日本たばこ産業株式会社)様の研究機関より市に寄贈いただいた種もみから、陸前高田の米農家が一生懸命に心を込めて育て上げたお米です。

「あきたこまち」「ひとめぼれ」と同等の食味を持ち、炊き立てはもちろん、冷めてもおいしくつややかで、どんなおかずとも相性が良いと評価をいただいています。

「一般社団法人おにぎり協会」様より、2015年3月、当協会が選定する「おにぎりに適した食材」の第1号として認定されました。

パッケージの絵は陸前高田市在住の芸術家:田崎飛鳥氏

陸前高田市在住。生まれながらにして、脳性麻痺という知的障害を持つ。幼いころから絵本や画集に興味を持ち、彫金作家である父、實さんの勧めで絵を描き始めます。

東日本大震災の津波により、自宅、今まで描いてきた約200点の作品など、大切なものを失い、ショックで一度は筆を置いてしまったが、父からの言葉で、再び筆を取ります。
壮絶な経験を経て、今現在多くの観る人の心を動かしています。

寄付先「りくぜんたかたお弁当届けようプロジェクト」

「家族でおいしいお弁当を食べてみんなが楽しくなってもらえたら」という想いから、市内の子育て世帯を対象に1無料のお弁当配布します。子育て中の家族のため、栄養バランスを考えたお弁当を栄養士が作ります。

●受取場所:保健福祉総合センター
対象:高校生以下の子育て世帯
※お弁当は世帯の人数分までとなります。
※数に限りがあるため、受け付けられない場合もあります。ご了承ください。


●申込方法:名前・お弁当の個数・受取希望日時を電話またはくらし応援窓口公式LINEから申し込みください。
申し込み・問い合わせ先:陸前高田市社会福祉協議会【電話】0192-54-5150