夕陽沈む空間の中、柴咲コウさんが京都の絶景をバックに感動のパフォーマンスをライブ配信で披露。

夕陽沈む空間の中、柴咲コウさんが京都の絶景をバックに感動のパフォーマンスをライブ配信で披露。

「エンターテインメント事業」・「アパレル事業」・「セレクトショップ事業」の3部門を軸に事業運営を行うレトロワグラース株式会社(東京都港区)は、2020年8月5日(水)に京都の情緒ある景色と夕陽が沈む空間のなか柴咲コウのライブ配信を行いました。


0501


ライブ配信は京都、法観寺 八坂の塔を望む会場から無観客で行われ、夕陽が赤く染まるマジックアワーにタイミングを合わせスタートし、「最愛」に始まり、続いて初披露のカバー曲「Sign」(ドラマ『オレンジデイズ』主題歌)も披露されました。日没後も新旧織り交ぜた楽曲が披露され、いずれの楽曲もデジタルアートによる最先端の演出が施された映像でライブ配信が行われました。またこの日が初披露となる新曲「BIRTH」もライブの最後に演奏され、プレミアムな一夜を締め括りました。


このライブの冒頭2曲を配信したYouTubeライブ配信のアーカイブはこちらです。



このライブでは映像クリエイター吉田拓巳氏の演出によるデジタルアートと京都の絶景が融合した、これまでにないライブ配信のあり方を提示されました。全てがリアルタイムで行われた演出表現であるとは思えないほどの最先端の演出に多くの称賛コメントが寄せられたそうです。


柴咲コウコメント



夕陽に染まる京都の景観と最先端のデジタルアートという対極なものが化学反応を起こし、これまでには無い形でのライブ配信をお届けできたかと思います。楽曲も新旧織り交ぜ、昔から応援してくださるファンの方にも、最近私を知っていただいた方にも楽しんでいただけるような内容を考えてみました。
皆さまの反応がダイレクトに伝わるライブ配信は、またひとつの新しいコミュニケーションの形なのだと感じています。当日ご覧いただいた方も、ご覧いただけなかった方も、8月10日(月・祝)より「新体感ライブコネクト™️」にて見逃し配信がございますので、期間内、何度でもお楽しみいただけますと幸いです。



このライブの模様は、見逃し配信として2020年8月10日(月・祝)より、NTTドコモ「新体感ライブCONNECT™️」において配信されます。


「KO SHIBASAKI 2020 Birthday Party “DRESS THE KO”」演奏曲リスト



  1. 最愛

  2. \t
  3. Sign

  4. \t
  5. 無形スピリット

  6. \t
  7. Glitter

  8. \t
  9. The Silhouette

  10. \t
  11. いくつかの空

  12. \t
  13. Blessing~DRESS THE KO ver.~

  14. \t
  15. わたしが竜宮小僧だったとき

  16. \t
  17. 月のしずく

  18. \t
  19. かたち あるもの

  20. \t
  21. BIRTH(新曲)


Birthday Party DRESS THE KO見逃し配信チケット


一般:3,000円(税込)


見逃し配信開始日時:2020年8月10日(月・祝)10時販売開始予定
配信メディア:NTTドコモ「新体感ライブ CONNECT™️」


柴咲コウ プロフィール


『女優・アーティスト・レトロワグラース代表。』
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」では主役を演じる。2016年持続可能な社会を作るためにレトロワグラースを設立。2018年環境省より「環境特別広報大使」に任命される。
2019年9月には初のエッセイ『LIFE THE KO 生きるを活かす9のこと』、写真集『THE KO 柴咲コウ photo book』を同時出版し、自らのライフスタイルを発信した。音楽活動においては近年、Jazztronik 野崎良太氏をサウンドプロデューサーに迎え、ワンランク上の上質な楽曲制作をしている。


2020年現在放送中のNHK連続テレビ小説『エール』にて、世界的に活躍するオペラ歌手 『双浦 環(ふたうらたまき)』役として出演中です。


吉田拓巳氏 プロフィール


1995年6月29日生まれの実業家、クリエイター。 日本最年少社長として15歳で株式会社セブンセンスを設立。 16歳で10代のネット擬似投票サイト「Teens Opinion」をリリースし、大きな話題を呼んだ。 MINMI主催のイベント「FREEDOM」や全国ツアーをはじめ、国内最大級の音楽フェス「ULTRA JAPAN」の映像演出、未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」のテクニカルディレクター、空間プロデュースや企業のブランディングも手掛ける。 2017年には雑誌「+81」が特集する世界の30歳未満クリエイター44名の一人に選出される。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP