災害時の際の備蓄用マスクに。四街道高校の生徒が手作りマスクを製作し寄付します。

災害時の際の備蓄用マスクに。四街道高校の生徒が手作りマスクを製作し寄付します。

四街道高校では、夏休みのボランティア活動の一環でマスクづくりを生徒に呼びけ、1年生から3年生まで、計41名の応募があり、8月4日(火)、8月27日(木)の2日間で、製作を行ったそうです。


0701


0702


「誰かの役に立つことを学んでもらいたい」とボランティアの募集を行った家庭科の新谷教諭。学校にあった布を大量に用意し、マスクゴムは、適当なゴムが売り切れなどで用意できなかったので、輪ゴムを代用してしっかりとした強度を確保され、大人サイズ(Lサイズ、Mサイズ)、子供サイズ、幼児サイズ、4つのサイズのマスクを製作しました。製作されたマスクは、今後、四街道市社会福祉協議会に寄付される予定で、災害時の際の備蓄用のマスク等として活用されるとのことです。


0703


上記の他、6月に学校が再開された際の、1年生の家庭総合の授業において製作された約250枚(8月末現在)の手作りマスクも、あわせて寄付される予定です。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP