棄ビニール傘を再利用。スマホがぴったり入る『マルチショルダーケース』を新発売

棄ビニール傘を再利用。スマホがぴったり入る『マルチショルダーケース』を新発売

株式会社モンドデザインは、クリエイター齊藤明希と共同開発をした、日本で捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用し国内職人の手による作られるブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」より、最小限の必要な持ち物が入る『マルチショルダーケース』を9月10日(木)よりPLASTICITY公式オンラインストアにて販売を開始しています。


0701


どのカラーにも合わせやすいクリア素材と、シンプルなフォルムのコンパクトなマルチショルダーケースです。ビニール傘の素材をアップサイクルしているため、雨や汚れに強くデイリーユースだけでなくアウトドアな場面にも最適です。スマホだけでなく小物が収納できるポケットも備えており、これひとつでお出かけに必要な最小限の持ち物をしっかり収納することができます。


商品の特長


メインのスマホポケット


メインのファスナー収納は最長H160mm×W80mmサイズの大きさのスマホが入ります。サイドファスナーの仕様により出し入れも行いやすくなっています。


多彩なポケットを搭載


前面にオープンポケットが1つ、背面にカードポケットが1つ、ファスナー収納内には仕切りがありスマホが入るほか、ちょっとした小物をしまうこともできます。前面のオープンポケットはマスクがぴったり収まるサイズ感なので、外したときに清潔に保管しておくマスク入れとしても重宝します。


調節可能なショルダーコード


ショルダーコードには細く、耐久性の高い丸コードを採用。持ち方や着ている服装によって好みの長さに調節することができます。


防水で軽量な素材


全面がビニール傘の素材から作られているため、水を一切通しません。万が一汚れたときは水洗いできるので汚れも簡単に落とすことができます。また50gという驚異的な軽さを実現し、身に着けていても負担にならずお持ちいただけます。


素材について


製品の素材は、廃棄されたビニール傘を使用しています。材質、サイズ、厚みが異なる素材を人の手で選別、解体、洗浄し、生地として再生させます。その素材を何層にも重ねてPLASTICITY独自のプレスを行う事により透明な窓ガラスに流れる雨のような表情が現れます。「シティ」らしい雨の日の光景を表現したこの表情を「Glass rain」と呼んでいます。
雨の日に使う素材だから当然雨や汚れに強い「Glass rain」。状態の悪い地面や雨の日にでも使い方を気にせず使用できます。ビニール傘をそのままの状態でプレスをしているからこそ生まれる ひとつひとつのユニークな表情の素材をお楽しみください。


0702
製造工程
0703
製品全景

0704


0304


0305


0705


0705


0708


0709
ビニール傘分解工程
0709
素材制作工程

製品概要


製品名  : マルチショルダーケース
価格   : 6,700円(税別)
サイズ  :H180mm X W110mm X D25mm
重さ   :50g
販売場所 : 公式オンラインストア「PLASTICITY」
販売開始日: 2020年9月10日(木) 


※株式会社モンドデザイン調べ

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP