「【抗ウイルス】ガーゼマスク」が緊急事態宣言に伴い、期間限定で50%のプライスダウン

「【抗ウイルス】ガーゼマスク」が緊急事態宣言に伴い、期間限定で50%のプライスダウン

株式会社アオは、抗ウイルス加工を施したガーゼと、息苦しさ・肌荒れの悩み解決に合うガーゼを重ねた「【抗ウイルス】ガーゼマスク」(綿100%、日本製)、そして抗ウイルス同素材のストール、ハンカチの3アイテムを、2021年1月8日(金)から2月8日(月)までの期間限定で、50%のプライスダウンします。オンラインショップの通信販売のみとなります。


11


いまお届けする理由=ガーゼ専門店だからできること



  • 抗ウイルス加工のガーゼで安全に過ごしていただきたい。

  • \t
  • 息苦しさや肌荒れの悩み・課題解決にガーゼがとても適しています。

  • \t
  • ガーゼの心地よさに包まれ、日常に安心感を広めたい。

  • \t
  • 新調していただきたいのはもちろん、洗い替え、買い替え、ギフトなどに活用していただきたい。
    \t 


12


《【抗ウイルス】ガーゼマスク》の3つの特徴



  1. 外布に、抗ウイルス加工「バリエックス®」のガーゼを使っています。繊維上の特定のウイルスを99%以上減少させます。抗菌防臭性にも優れます。

  2. \t
  3. 内布には毛羽の少ない強撚糸のガーゼを使い、さらさらとしてムレにくい。綿100%で、コットンそのものの風合いをいかした肌触りはaoのガーゼならでは。

  4. \t
  5. フィット感と安心感にこだわりました。輪郭に沿って耳元まで覆われるシルエットと呼吸しやすい立体設計。また国内生産にこだわった安心安全の品質です。


《【抗ウイルス】ガーゼ》誕生の背景


日清紡テキスタイル株式会社の抗ウイルス加工「バリエックス®」の生地試作を経て、“コットンそのもののやわらかさ”を生かしたナチュラル製法で、aoの衣料用ガーゼと同じ肌触りの【抗ウイルス】ガーゼが作られました。


《【抗ウイルス】ガーゼマスク》の使い方


「【抗ウイルス】ガーゼマスク」は、繊維上の特定のウイルスの数を99%以上減少させます。50回家庭洗濯後も効果は持続。抗菌防臭性にも優れます。綿100%の強撚ガーゼでさらさらとした天然素材のやさしい肌触りです。こだわりのシルエットは、呼吸しやすく、頬をすっぽり覆う立体ワイド設計。M、S、XSの3サイズ展開。XSサイズは、子供サイズです。国内生産の安心安全な品質です。
着用方法:マスクには裏表があります。抗ウイルス面が外側になるように、ダークグリーンのステッチが左下にくるように着用します。ゴムはお好みの長さで結び、余分なゴムはカットしてください。結び目はひも通しに入れて収めることができます。


13


《【抗ウイルス】ガーゼマスク》製品概要


期間限定価格:600円+税 (通常価格1200円+税)
販売期間:2021年1月8日(金)10:00〜 2月8日(月)12:00
販売方法:公式オンラインショップ(ao daikanyama online shop)の通信販売のみ
     
※直営店舗では商品の取り扱いはございますが、プライスダウンの対象外となります。
※1回のご注文限度枚数は10枚となります。


抗ウイルス関連商品 他2アイテム 同時50%プライスダウン


14


《【抗ウイルス】ガーゼストール》 期間限定価格2100円+税  (通常価格4200円+税)


商品概要:抗ウイルス加工の一重ガーゼを使った大判ストール。たたむとコンパクトになり持ち運びに便利。両サイドに施されたカラーステッチがさりげないアクセントに。カラーステッチは華やかさのあるピンクとどんな服にも合わせやすいダークグリーンの2色展開。両端は丁寧に手作業でほぐしたフリンジ仕上げ。国内生産の安心安全な品質です。


15


《【抗ウイルス】ガーゼハンカチ》 期間限定価格700円+税  (通常価格1400円+税)


商品概要:抗ウイルス加工の一重ガーゼを使用した大判ハンカチ。外出時に1枚あると安心です。縁に施されたカラーステッチがアクセント。カラーステッチは華やかさのあるピンクと男女を問わないダークグリーンの2色展開。国内生産の安心安全な品質です。
使い方:抗ウイルス素材をいかし、手を拭うのはもちろん、マスクにしたり、マスクケースとしてマスクを挟んだり、お弁当を包んだり、持ち物を覆ったり、と幅広い使い方ができます。


16


注意:病気の治療や予防を目的とするものではありません。抗ウイルス加工はウイルスの働きを抑制するものではありません。※抗ウイルス性試験は、ウイルス株:ATCC VR-1679(エンベロープ有)を25℃で2時間放置して実施。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP