「The

「The Walt Disney Company’s Pride Collection」登場

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、多様性を尊重する社会の実現を目指して、新たなコレクションとなる「The Walt Disney Company’s Pride Collection」を、全国のディズニーストア店舗では4月13日(火)より、一部店舗とディズニー公式オンラインストアshopDisney(ショップディズニー)では先行して4月9日(金)より順次発売します。ウォルト・ディズニー・カンパニーは、LGBTQ+コミュニティを支援する世界中の団体に寄付を行っており、国内では認定NPO法人「虹色ダイバーシティ」へ寄付します。


11
©Disney

ディズニーストアに登場する新コレクション「The Walt Disney Company’s Pride Collection」は、LGBTQ+の象徴でもあるレインボーカラーを用いたアイテムです。ぬいぐるみはもちろん、Tシャツなどのファッションアイテム、ブランケットや家庭用布マスクといった雑貨などのラインナップを揃え、アメリカ・ロサンゼルス発のファッションブランド「Loungefly(ラウンジフライ)」からレインボーカラーが目を引くミニリュックなども登場します。アートはディズニーキャラクターをはじめ、今後はピクサーやマーベル、スター・ウォーズなどをモチーフにした商品の販売も予定しています。
ウォルト・ディズニー・カンパニーは、多様性を尊重し、受容性の高い職場づくりと、地域社会での支援や友好的な環境づくりに取り組んでおり、LGBTQ+コミュニティを支援する世界中の団体に寄付を行っています。国内では認定NPO法人「虹色ダイバーシティ」へ寄付します。詳細については、RainbowDisneyCollection.comをご覧ください。また「東京レインボープライド2021」へ参画し、オンラインブース内で「The Walt Disney Company’s Pride Collection」を紹介するなど、今後もLGBTQ+をはじめとする様々なコミュニティの活動を支援し、全ての人々が等しく尊重されていると感じられることを目指し、地域社会でのサポートや友好的な環境づくりに取り組んでいきます。


商品一部抜粋


12
©Disney
13
©Disney

「虹色ダイバーシティ」とは


日本で初めて職場におけるLGBTQ+差別の問題を中心に取り上げ、企業、行政、学術機関などを対象に、研究、情報提供、研修、コンサルティングを行うことで、変化を生み出す試みを行っている非営利団体です。性的指向、性自認、性表現に基づく差別を恐れることなく、すべての職場で人々が受け入れられ、公正に扱われるべきであるというビジョンのもと、同団体はLGBTQ+の人たちが安全で働きやすい環境をつくり、日本のLGBTQ+コミュニティのエンパワーメントを図り、すべての人のためのインクルーシブな社会づくりに貢献することを目指しています。


14


画像掲載商品


15
©Disney

扇子 1,320円、ブランケット 4,400円、ぬいぐるみ 各2,750円、コレクタブルキー 1,100円、【Loungefly】ミニリュック 9,900円