資生堂、イオンにて化粧品の使用済み容器回収を開始 ~リサイクルによる環境への取り組みを実施~

資生堂、イオンにて化粧品の使用済み容器回収を開始 ~リサイクルによる環境への取り組みを実施~

資生堂は、イオンリテール株式会社(以下、イオン)が運営するヘルス&ビューティーケアの専門ショップブランド「Glam Beautique」 (以下、グラムビューティーク)にて6月4日(金)より開始する、容器の回収リサイクル「グラムビューティーク リサイクル プログラム」に参画します。


このプログラムは、イオンの本州・四国・九州87店舗の売場内に設置された回収ボックスで、対象カテゴリー(下記参照)であればメーカーや購入店舗を問わず、全ブランド製品の使用済み容器を回収し、リサイクルを実施するものです。本取り組みはイオン、株式会社コーセー、日本ロレアル株式会社、P&Gジャパン合同会社、容器回収やリサイクルを行うテラサイクル・ジャパン合同会社と協働し、消費者とともに環境課題を考え、課題の解決に貢献することを目的としています。


11


実施概要


● 回収開始日:2021年6月4日(金)
● 実施店舗:本州・四国・九州の「イオン」「イオンスタイル」内の「グラムビューティーク」を含む化粧品売場、計87店舗
● 回収対象品:スキンケア、メイクアップ、ヘアケア、ヘアカラーの使用済み容器
 ※回収する使用済み容器はイオンでの購入有無、製造メーカーを問いません
 ※回収対象・対象外の素材、及び詳細に関しては下記公式よりご確認ください
 「グラムビューティーク リサイクル プログラム」公式HP


容器回収の流れについて


回収された空き容器は、洗浄・粉砕の後、ペレット(プラスチック素材)にリサイクルされ、新たな資源として活用されます。なお、この度回収する容器はマテリアルリサイクルされ、買い物かごやエコバックとして生まれ変わる予定です。


12


資生堂は、企業ミッションである「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(ビューティーイノベーションでよりよい世界を)」のもと、2030年に向けたサステナビリティアクションを策定しました。ビューティービジネスを通じて「人々が幸福を実感できる」サステナブルな世界を実現するために、一人ひとりが尊重され、誰もが活躍できる多様性に富んだ社会、持続的に「美」を楽しめる地球環境への貢献を目指します。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP