お魚を育て、学び、悩み、議論するリアル体験陸上養殖体験プログラム「陸養プロジェクト」参加校募集

お魚を育て、学び、悩み、議論するリアル体験陸上養殖体験プログラム「陸養プロジェクト」参加校募集

「陸養」は、子供たちが海のお魚について、学んで、悩んで、育てる陸上養殖体験プロジェクト。次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる日本財団「海と日本プロジェクト」の一環で実施しています。陸養プロジェクトの2021年度参加校【長野・山梨エリア】を募集します。


31
陸上養殖体験プロジェクト

子供たちは自分たちで育てたお魚を最後、食べるか、どうするかを決めます。その結論は、多様な学びや意見に触れることで生まれます。デジタル学習が推進される今だからこそ、海の恵みといのちの大切さを考えるリアルな体験を子供たちに提供できればと考えています。


2021年参加校募集


2018年の本事業開始から「総合学習」の時間として、全国で6つの地域、13の小学校に体験いただき、大変好評をいただいております。今年度は、東京エリアから参加校を募ります。海の無い地域の子ども達は海という存在が遠いため、そんな子ども達の元へ、海を持っていく=学校という陸上へ海を持ってきて、養殖する陸上養殖を通して子ども達に海を身近に感じてもらいながら考え、水産資源について学ぶ機会を提供します。後述のカリキュラムの流れより実施コマ数などを参照いただき、ぜひ、参加のご検討をお願いします。添付の返信フォーマットに必要事項をご記入の上、2021年6月21日(月)までにご返信くださいますようお願い申し上げます。


《募集エリア・数》
エリア:長野・山梨 
募集数:1校


陸養プロジェクトのおすすめポイント


おすすめPOINT①


陸養プロジェクトは、「総合学習」の時間として、全国で6つの地域、13の小学校に体験いただき、大変好評をいただいております。また、道徳はもちろん、5年生の社会の水産業や海水をつくる分量を計算する算数の要素も含みます。


32


おすすめPOINT②


浜松の小学校では本事業を活用し、SDGsを積極的に推進しており、持続可能な社会について実体験から学んでいます。


32


おすすめPOINT③


昨年度はコロナ禍において、オンラインと対面を組合わせたハイブリッド型の授業を推進。オンラインで同時多数の参加を行うことができました。


33


《プロジェクトの流れ》


 <授業数>
基本授業数10コマ + 地元の海について(関わり)学ぶ 授業2~4コマ
期間計12~14コマ


【7月】事前説明


■児童へのキックオフ:2学期からのプロジェクト開始に向け、育てるヒラメについて調べてくる課題出しを行い、事前に興味を持ってもらう準備期間とします。(1コマ想定)


【9月~10月】 水槽設置、お魚受け入れ メディア誘致


■児童による魚の成育用水槽キットの組立、海水作り 海の仕組みを水槽に再現し、海の課題についてワークシートに記入(1コマ想定)
成育する稚魚の受け入れ式 毎日のお世話や掃除についての授業(2コマ想定)


【10月~1月】座学


■養殖についての授業を実施。養殖の種類や地元の海との関わりなどについて学びます。(1コマ×2回想定)
※任意で中間発表の実施。学んだこと、現状の考えを発表します(参観日など)。
また、また、水産試験場や市場など水産業の現場への見学も行いたいと考えています。


【1月~2月】交流会、議論 メディア誘致


■オンラインでの各エリアとの交流会を実施(2コマ想定)
■育てた魚をどうするか、最終的な結論を子どもたちで議論し決定します(2~3コマ想定)


【3月】実食、片付け メディア誘致


■最終結論(実食)の実施(1コマ想定) ※前日に仕込を行います
■終了式の実施 水槽キットの片付け(掃除と解体)
環境問題や養殖の課題や未来についての考えをワークシートにまとめ、プロジェクトの総括を行います(2コマ想定)
※実食を午前、片付けを午後とし、1日まとめて行うことも可能です。


 《学校側へのお願い》


■本活動で撮影された写真及び動画は、在県メディアがニュースや記事、番組で使用されます。
■陸養プロジェクトや海と日本プロジェクトのホームページやfacebook、twitter、パンフレット、放送局の特設YouTubeサイトなどの各種広報のみの目的に利用します。必要に応じて父母への了承をお願いします。
■本事業の取り組みについては、父母向けのツールなどを使い、事前にご理解いただけるよう努めてまいりますが、写真や動画の使用が難しいお子さまがいらっしゃいましたら、撮影は行いませんので事前にご指示ください(または本人が分からないよう処理致します)。
■撮影した写真及び動画はお渡し出来ません、予めご了承ください。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP