令和3年度ローカルSDGsリーダー研修 migakiba 3月5日(土)全体発表会を実施

令和3年度ローカルSDGsリーダー研修 migakiba 3月5日(土)全体発表会を実施

2022.02.10

環境省主催「令和3年度ローカルSDGsリーダー研修事業」migakibaは、さまざまな資源や文化を域内外の視点から探索し磨き上げ、地域に持続的な好循環を生み出すための実践型人材育成プログラムです。

本年度は、5つの地域(北海道名寄市、秋田県南秋田郡五城目町、茨城県東茨城郡大洗町、広島県呉市(大崎下島)、愛媛県大洲市)を舞台に、全国から集まった31チーム121名が、リサーチとディスカッションを重ねながらプロジェクトを構想してきました。2022年3月5日(土)、この約12週間の挑戦の過程とプロジェクトを各エリアの代表チームが発表する「migakiba全体発表会」をオンラインで開催いたします。

ゲストアドバイザーにはONE・GLOCAL代表取締役 鎌田由美子氏、散歩社代表取締役 小野裕之氏をお迎えし、チームへのフィードバックならびに、migakibaディレクター田村大を交えたトークセッションを実施します。ぜひご参加をお待ちしております。

migakiba概要

migakibaはさまざまな資源や文化を域内外の視点から探索し磨き上げることで、地域に持続的な好循環を生み出すための実践型プログラムです。

令和3年度は独自の自然環境や文化的・歴史的背景を持つ5つの地域(北海道名寄市、秋田県南秋田郡五城目町、茨城県東茨城郡大洗町、広島県呉市(大崎下島)、愛媛県大洲市)を舞台に、異なる専門性を持つチームが全国から集い、それぞれの土地に根ざし先駆的な活動を実践する現地事務局とともに、あらたなプロジェクトを構想してきました。

5つの地域を起点に、ときに交わりながら進む約12週間のプログラムで、土地に培われてきた文化・産業・自然に学び、探索と試作を重ねながら、ともにこれからの地域循環のあり方を描くメンバーを募集し、31チーム121名が参加しています。

全体発表会イベント 概要

日時:2022年3月5日(土) 13:30-16:00
形式:オンライン(ZOOM)にて

13:25 / ZOOM開場
13:30-13:40 / オープニング、環境省よりご挨拶
13:40-15:15  / プログラムのご紹介。研修開催地のご紹介・各地域代表チームによる発表
15:15-15:25 / 休憩
15:25-15:30 / 配信会場のご紹介
15:30-15:55 / トークセッション
16:00 / 終了

全体発表会 参加お申し込み

peatixリンク:https://migakiba2022-0305.peatix.com

※お申込み後にお送りするメールに記載のURLからご参加いただけます。当日は開始5分前からアクセスできます。
※開始直前や開催中のチケットのお申し込みやお問い合わせは、対応に時間を要する可能性がございますのでお早目のお申し込みとご連絡をお願いします。

登壇者紹介

ゲストアドバイザー

鎌田由美子 (ONE・GLOCAL代表取締役)
1989年JR東日本入社。2001年エキナカビジネスを手がけ、「ecute」を運営するJR東日本ステーションリテイリング代表取締役社長。その後、本社事業創造本部で青森シードル工房「A-FACTORY」や地産品ショップ「のもの」、越後湯沢駅改良等、多くの地域と連携した事業を手がける。その後、カルビー上級執行役員を経て独立。19年、ONE・GLOCALを創業し、魅力ある素材の発掘や加工を通じ、地域デザインの視点から地元と共創した事業に取り組む。2020年4月までロンドンのRCA(Royal College of Art)に留学。2020年12月からものづくりブランド「ひとつひとつ」をスタート。社外取締役や国、行政、NHK等各種委員、ジャパンイノベーションネットワーク理事、いばらき大使等イノベーションや地域にも深く関わる。ダイヤモンドオンライン「経営・戦略デザインラボ」連載中など。
著書『エキュート物語』(かんき出版)『「よそもの」が日本をかえる』(日経BP)

小野裕之 (散歩社代表取締役)
1984年岡山県生まれ。中央大学総合政策学部卒。ソーシャルデザインをテーマにしたウェブマガジン「greenz.jp」を運営するNPO法人グリーンズの経営を6年務めた後、事業開発・再生のプロデュース機能をO&G合同会社として分社化、代表に就任。greenz.jpビジネスアドバイザー。 ジュエリーブランドSIRI SIRI共同代表。おむすびスタンド ANDON共同オーナー。下北沢BONUSTRACKを運営する 散歩社 代表取締役。発酵デザインラボ(発酵デパートメント)取締役CFO。

migakibaディレクター

田村大 (株式会社リ・パブリック共同代表)
東京大学文学部心理学科卒業、同大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。1994 年博報堂に入社。以降、デジタルメディアの研究・事業開発等を経て、 イノベーションラボに参加。同ラボ上席研究員を経て 2013 年に退職、株式会社リ・パブリックを設立。2009 年東京大学工学系研究科 堀井秀之教授とともにイノベーションリーダーを育成す る学際教育プログラム・東京大学i.school(アイ・スクール) を発足。2013 年 4 月 i.schoolエグゼクティブ・フェローに就任。現在、九州大学・北陸先端科学技術大学院大学にて客員教授を兼任。 著書に「東大式 世界を変えるイノベーションのつくりかた」(2010, 早川書房) 等、多数。

現地事務局代表

・北海道名寄市/Nスポーツコミッション事務局次長:黒井理恵
・秋田県南秋田郡五城目町/ハバタク株式会社共同代表:小原祥嵩
・茨城県東茨城郡大洗町/株式会社カゼグミ代表取締役:鈴木高祥
・広島県呉市(大崎下島)/一般社団法人まめな 共同代表・ナオライ代表取締役:三宅紘一郎
・愛媛県大洲市/ 一般社団法人キタ・マネジメント企画広報係長・歴史資源活用係長:井上陽祐

お問い合わせ

migakiba運営(担当:Re:public 徳田、白井)
メールアドレス:info@re-public.jp