1日1枚の灯。

特集 | ソーシャルな、暮らし。 | 1日1枚の灯。 ー薄さ3ミリのカード型キャンドル

板ガムのようなサイズのキャンドル。2017年に発売された『ペガサスキャンドル』の新商品だ。広報の古川加奈子さんはこう話す。「弊社は1934年(昭和9年)創業のキャンドルメーカーでウエディングキャンドルなどをつくっていましたが、新たな看板商品をつくろうと考えました」。試作を重ね完成したのが伝統と現代性が融合した新ブランド「倉敷製蠟」の「CARD CANDLE」。薄いキャンドルなのに芯の部分は細くないので、はみ出ないように職人が一つひとつ手作業で形を整えている。ロウが垂れないよう、配合と芯を調整するなどの苦労もあった。


商品開発を通じて副効果があり、「外部デザイナーの斬新なアイデアに刺激され、社内の雰囲気が変わり、チャレンジ精神が増しました」という。燃焼時間は1枚につき約30分。リラックスできる上品な香りが立つアロマキャンドルでもある。一日の終わりに上質な時間を過ごせるアイテムだ。


\ここがオススメ/
アートディレクターと老舗メーカーのコラボ。


マスキングテープ「mt」のデザインなどで知られるアートディレクター・居山浩二さんとのコラボレーションによって生まれた。


倉敷製蠟 CARD CANDLE
薄さ3ミリのカード型キャンドル。付属の真鍮製のホルダーにキャンドルを立てて灯す。香りは、華やかなフレッシュフローラル、甘い香りのカシスリーブス、爽やかなフレッシュグリーンの3種で、ホルダーなしのレフィルもある(写真右、左から)。2017年に「グッドデザイン特別賞[ものづくり]」を受賞。オンラインショップ、雑貨店などで販売中。●2160円(ペガサスキャンドル www.candleworld.co.jp


倉敷製蠟 CARD CANDLE

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP