男性向けPMS理解度テスト!あなたはPMSをどれだけ知ってる?

男性向けPMS理解度テスト!あなたはPMSをどれだけ知ってる?

女性にとっては、月経前にカラダや心に変化が起こるのはごく当たり前の人が多いですが、男性にとっては不可解なことばかりのはず。実際、月経前に起こる症状であるPMS(月経前症候群)を認識している成人男性はたった1割程度※ともいわれています。 そこで、ぜひ試して欲しいのが、この男性向けPMS理解度テスト。YES or Noに答えるだけで、あなたがどの程度PMSの知識があるかを判定します。 今、女性特有の健康問題への対応に社会全体で向き合うことが、より良い社会へつながると注目され、活性化しています。まずは、少しずつ理解を深めることから始めてみませんか?

<YES or NOを選んでみましょう>

Question1
月経は、個人差はあれど、月に1回程度ある
→ YES or NO

Question 2
月経前というのは、月経が始まる3〜10日ほど前を指す
→ YES or NO

Question 3
正常な月経期間は3〜7日間
→ YES or NO

Question 4
月経中にナプキンを使用している場合は、2〜5時間に1回はトイレに行く必要がある
→ YES or NO

Question 5
月経前の心やカラダの不調をPMS=月経前症候群という
→ YES or NO

Question 6
月経前にイライラしているのは、女性ホルモンの変化と関係している
→ YES or NO

Question 7
月経前に、必ずPMSになるわけではない
→ YES or NO

Question 8
真面目、負けず嫌い、完璧主義の女性はPMSの症状がでやすいと言われている
→ YES or NO

Question 9
コーヒーや紅茶、お酒をよく飲む人や、不規則な生活をしているとPMSが重くなる可能性がある
→ YES or NO

Question 10
PMSの症状がひどく、仕事ができなくなる人もいる
→ YES or NO

<結果を見てみましょう!>

☑︎YESが10~8個だった人
あなたのPMSの理解度は「たいへんよくできました!」

あなたは、月経やPMSに関する知識が豊富で、女性の心やカラダをきちんと理解できる、まさにジェントルマン! 社会がより良い方向へ向かうための一翼を担うだけの度量を持ち合わせています。月経やPMSは、年齢やライフステージによっても変化していくものなので、ぜひ引き続き理解を深めていってください。


☑︎YESが7~5個だった人
あなたのPMSの理解度は「よくできました!」

あなたは、女性の心やカラダについて理解を深めようという姿勢のある人です。その姿勢により、今後、社会に貢献できる立場に成長を遂げるかもしれません。月経やPMSは、個人差もあり、現代の医学でもその100%を理解することは難しいとされています。ですから、あなたのペースで焦ることなく、理解を深めていくのがベストだと思います。


☑︎YESが4~2個だった人
あなたのPMSの理解度は「がんばったね!」

女性の心とカラダについて、不思議に思うことが色々とあるようです。月経やPMSについては、女性でも理解しきれないこともたくさんあります。分からないことは、ある意味当然なのかもしれません。ですが、これからのより良い社会づくりに向けて、男性による女性の心とカラダへの理解は大切なポイントになってくるはずです。ぜひ、少しずつでも理解を深めていってください。


☑︎YESが1~0個だった人
あなたのPMSの理解度は「もう少しがんばりましょう」

あなたにとって、女性の心やカラダというのは、不可解なことだらけといった状態のようです。男性と女性のカラダには違いがあり、わからないことは恥ずかしいことではありません。今からでも、遅くはありません!ぜひ、月経やPMSについて基礎から学び、男女の違いを知ることから、始めてみてはいかがでしょうか?

※出典:小林製薬株式会社 「2012年PMS(月経前症候群)に関する男女の意識調査」
https://www.kobayashi.co.jp/corporate/news/report/pdf/v31.pdf

フェムテックtv
株式会社ツインプラネットが運営するフェムテック情報共有サイト。《毎日をイキイキと、自分らしく過ごす》ため、《自分のカラダについての“知らなかった”をなくす》ことを目的に、女性の健康に関するコンテンツを公開しています。
https://femtech.tv/

丸山彩(まるやま・あや)●東京都出身。某出版社での雑誌編集を経て、フリーランスの編集・ライターに。美容、女性のライフスタイルをテーマにしたカタログ・広告・webなどの制作を多く手掛ける。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP