没後10年、初の劇場公開となったヤスミンの傑作。『細い目』

没後10年、初の劇場公開となったヤスミンの傑作。『細い目』

 母親にタゴールの詩を読み聞かせる中華系のジェイソン。金城武の大ファンで、マレー系ムスリムのオーキット。市場で仲間と海賊版VCDを売るジェイソンは、金城武の映画を買いに来たオーキッドにひと目惚れし、電話番号を書いたメモをわたす。デートを重ね、惹かれ合ってゆくふたりを揶揄するステレオタイプな考えの友人に、オーキッドは毅然とした態度で向き合うものの……。マレー語、中国語、英語が入り混じるマレーシアの多民族社会を背景に、少女と少年の初恋を描いたヤスミン・アフマド監督の『細い目』。中華系をからかう言葉だった細い目の意味を肯定的なものに変えたように、そのストーリーテリングで観客を魅了した傑作。


本文画像


『細い目』
10月11日(金)より、アップリンク吉祥寺、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP