親鶏を使った鶏ガラスープの中華そば一本勝負!「いではら」【岡山ローカルラーメン】

親鶏を使った鶏ガラスープの中華そば一本勝負!「いではら」【岡山ローカルラーメン】

2022.03.29

長野県在住のラーメンライター、たこにわです。ラーメン食べ歩きは40年以上、北は旭川、東は根室、西は長崎、南は石垣島まで訪麺しています。47都道府県制覇しました。僕は、ローカル色があり地味ながら頑張っているお店をみなさんにご紹介していきます。

伝統の笠岡ラーメン

岡山県西部に位置する笠岡市。良質な港、広島や中国山地との物流の拠点で栄えた場所。
その笠岡は、知る人ぞ知る「笠岡ラーメン」で有名でもある。
昔から養鶏が盛んな土地柄、加えて麺づくりも盛んだったそうだ。
そんな経緯から生まれたのが親鶏を使った鶏ガラスープのラーメン。それが、笠岡ラーメンと呼ばれるようになった。
その歴史はなんと大正時代にまで遡る。

まちを賑わす行列のできる「中華そば いではら」

笠岡ラーメンの中で、行列ができるほど人気だというお店が、
「中華そば いではら」
筆者が開店時間に行くと、既に10人ほどが並んでいた。

笠岡駅から歩いて3分ほど

メニューは中華そばだけ

中華そばは普通と大盛りだけ

メニューは中華そば。普通と大盛りがあるのみだ。
今日は初めてなので、中華そばの普通(600円)を注文した。
既に、店内には醤油の香りが漂っている。待っている間、胃袋を刺激されるのがつらい。

鶏油が輝く清湯スープ

数分後、中華そばが到着。
見るからに美味しそうだ。鶏油がきらきらと輝いている

ごくりと生唾を飲む中華そば

まずはスープを一口。
ややしょっぱさを感じるものの、後から甘みが来る。とてもコクがあり美味しい。
鶏ガラ出汁の印象が強いので、醤油のしょっぱさはあまり気にならない。むしろ飽きが来ないスープである。

チャーシューが鶏だ。コリコリしていてとてもいいアクセント。鶏のチャーシューは珍しいが、さすが養鶏の地、笠岡らしい。
斜め切りの青ネギがユニークだ。ネギの苦味がスープを飲むことを促している感じ。細切りのメンマも、いいわき役を演じていた。

醤油スープに合うもちもち麺

少し柔らかめが程よい

そして、実は麺がとても美味しかった。
もちもちとした食感の中細麺は喉越しがよく、この鶏ガラスープにとても合う。
麺の硬めをお願いすることができるようだが、筆者は少し柔らかめに茹でられたこの麺の滑らかさを味わえた。
普通サイズでも、十分に食べ応えのある量だと思う。

潮風を感じる笠岡で食すなら中華そば

「中華そば いではら」から数分歩くと港に着く。瀬戸内海の離島を結ぶ小型船の発着地が笠岡港。
潮風と磯の香りを感じるまち笠岡。山陽本線の普通電車に乗り、ちょっと降り立って欲しい。

笠岡港

店舗情報
中華そば いではら
住所:岡山県笠岡市笠岡2827
TEL:0865-63-7667(取材時点での情報)
営業時間:11:30~15:00 月曜定休

文・写真:たこにわ
*店舗情報・メニュー内容は取材時点の内容でございます。