辛味、酸味、香味、全てが味わえる「タイ料理7年ラーメン屋17年の男が作るタイヌードル」【大阪ローカルラーメン】

辛味、酸味、香味、全てが味わえる「タイ料理7年ラーメン屋17年の男が作るタイヌードル」【大阪ローカルラーメン】

2022.06.20

ラーメンの製麺所の営業職まさです。 全国各地の多種多様なローカルラーメンを食すこと年間400杯。 ローカルラーメンの美味しさを探し求める方にご紹介したいラーメンをお届けします!

大阪のアメリカ村にあるラーメン店「タイ料理屋7年、ラーメン屋17年の男は作るタイヌードル」をご紹介します。
アメリカ村は大阪では外せない観光名所の一つです。海外、主にアメリカ、ハワイのカルチャーを体験でき、まるで海外旅行に来たかのような錯覚を覚える非日常を体験できる地域です。
アメリカ村の歴史は長く、1969年に日限萬里子が「ループ」という喫茶店を開業し評判を呼びました。その後、サーファー達が倉庫を改造し、アメリカや主にハワイからアメリカンカジュアルな雑貨や衣服などを輸入し販売。反響を呼び「アメリカ村」と多くの方から愛される街になりました。アメリカ村の中心地、三角公園は多くの人で賑わっており、海外の方とも触れ合える異文化交流の場所となっています。

お店に到着

中心地三角公園から5分ほどの場所あり、ビルの3階にお店を構えています。

店内にはお酒とレトロがいっぱい

待ち時間も飽きない店内
店内に入ると、お酒がびっしりの店内。お昼はラーメン、夜はBARの二毛作営業とのことです。
しかし、お酒よりも気になるのが、数えきれないほどのCDやDVDです。そのチョイスも抜群で、映画マニアは胸が熱くなります。他にもレトロなフィギュアや本、高価なお酒などラーメンの待ち時間があっという間に経ちます。
今回は、トムヤムヌードル(1000円)ライス付きを注文し、店内のDVDなどを見ているとラーメンが到着。

トムヤムクン特有の酸味や辛味、甘味といった複雑だが食欲が刺激される美味しそうな香り。
では一口。魚介の旨味がダイレクトに感じられながらも、ハーブ等の香辛料が鼻から抜ける感じが非常に心地よいです。それもそのはず、大ぶりの海老が殻付きで入っており、エキスかなり感じられます。その他、キノコ類やローリエなど旨味の塊と言ったところ。

麺は自家製麺を使用しているとのこと。番手が14番の平打ちで、モチモチ食感が強く、噛むたびに小麦の味を味わえます。それもそのはず、国産小麦使用とのことで、外国産に比べて甘味が強く上品な麺に仕上がっているとのことです。
大阪のアメリカ村に来た際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

タイ料理屋7年 ラーメン屋17年の男が作るタイヌードル
twitter:@jurumen
住所:大阪市中央区西心斎橋1丁目6−5
営業時間:11:30~15:00 
     不定休

文・写真:まさ
*店舗情報・メニュー内容は取材時点の内容でございます。