自分で作れて嬉しい!「くるみゆべし」はレンジとトースターだけで作ろう

自分で作れて嬉しい!「くるみゆべし」はレンジとトースターだけで作ろう

だんだん涼しくなってきて、温かいお茶に合うようなほっこりできるスイーツが恋しくなってきた。秋の夜長をお茶とともに楽しむなら、やはりおだんごやおもちなどの和菓子。でも、手作りするにはハードルが高いと思いがち。今回は、なんと電子レンジとトースターだけで作れる「くるみゆべし」のレシピをご紹介。もちもちスイーツを手軽に楽しもう。

くるみゆべしとは


ゆべしは「柚餅子」と書き、全国にその名を冠した食べ物がある。地域によっては菓子だが、珍味や保存食、薬味に「ゆべし」と名前がつくものもある。
その歴史は古く、源平の時代に誕生したという説もある。当時は保存食に近いものとされており、時代の移り変わりによって現在の形に変化したようだ。
名前の通り本来は柚子を使うことが多い食べ物だが、東北や北関東では主にクルミが使われている。これは柚の産地から距離があり入手が困難であったことと、江戸時代以前にクルミが貴重な栄養源であったことが理由だ。西日本では「丸ゆべし」「矢掛ゆべし」「棒ゆべし」柚子を使ったものが主流である。
東北では様々な形のゆべしが食べられているが、「くるみゆべし」「胡麻ゆべし」と言うとメジャーなのが四角型だ。棒状のものを切った形である。今回作るのもそのような形のものだ。



くるみゆべしを作ってみよう

レシピ


材料(3〜4人分)


くるみゆべし


白玉粉 100g
黒砂糖 100g
お湯(40℃くらい) 130ml
くるみ 30g
しょうゆ 大さじ1/2
片栗粉 適量


 


作り方



  1. 耐熱ボウルに白玉粉、黒砂糖を入れて混ぜ、お湯を3回に分けて都度混ぜながら入れる。

  2. \t
  3. しょうゆを加えてよく混ぜる。

  4. \t
  5. ボウルにラップし、600Wの電子レンジで2分加熱した後、よく混ぜる。

  6. \t
  7. 再度ラップし、1分半加熱してよく混ぜる。

  8. \t
  9. 余熱したトースターでくるみを1分ローストし、粗く刻む。

  10. \t
  11. 耐熱ボウルにくるみを加え、再度ラップし、1分半加熱する。

  12. \t
  13. 片栗粉を敷いたバットや皿に乗せて広げ、粗熱を取ってから棒状にし、好みの大きさに切る。


 


実食


くるみゆべし


黒糖の甘さと、もちもちぺとぺととした食感が懐かしく、ついつい手が伸びる。しょうゆの風味が効いていてしみじみと美味しい。甘さは黒糖の量で調節できるし、洗い物が少ないのもなによりうれしい。冷蔵庫に入れると硬くなってしまうので、常温で保存してその日のうちに食べてしまうのがおすすめだ。簡単なので、いつでも作れるように材料を常備しておくと良いだろう。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP