ローカルのおいしいごはんが食べたい|焼豚玉子飯

ローカルのおいしいごはんが食べたい|焼豚玉子飯

ローカルは食の宝庫だ


ローカルは食の宝庫だと思う。その地域でしか食べられないものがよく店に並んでいる。


鮮度的にどうしても遠方へは運べない場合や、その地域ではメジャーだけど全国区では知られてない食べ物、数が確保できない食べ物もある。


それ以外にも、その地域独特の作り方などの料理もある。


この丼ものもそうかもしれない。


ローカルを知るには食を知るのが一番だ


今回は焼豚玉子飯。愛媛は今治が発祥の丼ものだ。


焼豚玉子飯


御飯の上に焼豚、甘辛いタレがしっかりかかっていて、その上に半熟の目玉焼きがのっている。このお店はさらに胡椒もかかっていて、なんともいい匂い。


もともとは中華料理屋のまかない飯から始まり、おいしさのあまりメニュー化、それがいまでは今治中に広まった丼ものだそうだ。


今治出身の方や今治を訪れたことがある方にごはんについて尋ねると、だいたい「焼豚玉子飯」と返ってくる。


食べてみると、卵の黄身が甘いタレに絡んで、それがごはんにまた移って、とてもおいしい。


リピート、そして普段から食べる地域の味になるのも納得。


他の地域のその地区に根付いたごはんをもっと知りたい。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP