ローカルのおいしいごはんが食べたい|鶏飯

ローカルのおいしいごはんが食べたい|鶏飯

ローカルは食の宝庫だ


ローカルは食の宝庫だと思う。その地域でしか食べられないものがよく店に並んでいる。


鮮度的にどうしても遠方へは運べない場合や、その地域ではメジャーだけど全国区では知られてない食べ物、数が確保できない食べ物もある。


それ以外にも、その地域独特の作り方などの料理もある。


このごはんもそうかもしれない。


ローカルを知るには食を知るのが一番だ


今回は鶏飯。鹿児島県奄美群島で作られる郷土料理だ。


鶏飯


一見、だし茶漬けのようにも見える。


ごはんの上に、鶏肉、錦糸卵、椎茸、沢庵、葱、きざみ海苔をのせ、そこに鶏で作ったスープをかける。


まれに紅生姜をのせる。今回食べたお店は、紅生姜が準備されていた。


これらが別々に出されて、自分の好みでのせて、スープも自分の好みの量をそそいで食べる。


一見お茶漬けのようにさっぱりしていそうだが、鶏肉とスープでコクもあり、食べごたえもあっておいしい。


歴史を遡ると、江戸時代の文献にはすでに鶏飯のようなレシピがあるそうだ。


郷土料理はその歴史も調べてみると、当時の背景もわかり、その地域をまた訪れたくなる知識がつくので面白い。


 

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP