東京ローカルのおいしいごはんが食べたい|天丼

東京ローカルのおいしいごはんが食べたい|天丼

ローカルは食の宝庫だ


ローカルは食の宝庫だと思う。その地域でしか食べられないものがよく店に並んでいる。


鮮度的にどうしても遠方へは運べない場合や、その地域ではメジャーだけど全国区では知られてない食べ物、数が確保できない食べ物もある。


それ以外にも、お店自体が地域に根づいていることも多く、その土地に行くならそのお店に行こう、となることもある。


そして、その土地に昔からあるお店もある。


ローカルを知るには食を知るのが一番だ


今日は神保町にある「はちまき」さんの天丼だ。


天丼


このお店は歴史あるお店だ。創業は昭和6年とか。暖簾をくぐるとカウンター、その奥にテーブル席がある。


お店には歴史を感じさせる写真もあったりして、多くの方に愛されてきたのがわかる。


ランチ時にいったので、カウンターにもテーブルにも多くの人。


今日は天丼も色んな種類があったが、スタンダードな「天丼」を頼むことに。


載っている天ぷらは、エビが2匹、イカ、ピーマン、白身魚(たぶんキス?)、蓮根。


天丼によっては油がきつかったりするが、この天丼はそんなことがなく、あっさりと食べられる。


タレもかけすぎることもなく、ほどよくごはんにも染みている。


腹八分目で完食。


昔から続いているお店には、続く理由があるなと天丼を食べて思った。


次は穴子がはいっている天丼を頼んでみよう。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP