三重暮らし魅力発信サポーターズスクエア事業『東京スクエア』始動!メンバーを募集します

三重暮らし魅力発信サポーターズスクエア事業『東京スクエア』始動!メンバーを募集します

三重県地域支援課は、首都圏在住の三重県との繋がりを持ちたい方で構成された『東京スクエア』 メンバーと、三重県在住の先輩移住者や地域で活動する人たちで構成された『三重スクエア』メンバーとの交流と関係づくりを目的とした、三重暮らし魅力発信サポーターズスクエア事業をスタートします。


『東京スクエア』のメンバーになると、『三重スクエア』のメンバーと交流するイベントへの参加や、三重暮らし交流サイト<ちゃっとみえ、ちょっとみえ>を通じてオンラインでの親交を図ることが出来ます。 


『三重スクエア』のメンバーは、三重に移住された方や 県内市町の移住相談窓口担当者なので、みなさんが不安に思う内容にも 親身に相談に乗ってもらえるほか、 時には、リアルな “ここだけの内緒話”が聞けるかもしれません。まずは、首都圏に住むメンバー同士で、『三重での暮らしについて』語り合いましょう!


三重スクエア


『東京スクエア』メンバーは、こんな方におススメです



  • 三重県への移住に興味があっても決め手がなくて、今ひとつ二の足を踏んでいる方 

  • \t
  • 仕事や暮らしなど地域の具体的な情報がほしいと思っている方 

  • \t
  • じぶんと同じく移住を希望する人と本音の話がしたいなど、移住仲間が欲しい方 

  • \t
  • 先輩移住経験者や地域の方など三重の人と知り合いになりたい方


『東京スクエア』メンバーになると、こんなことができます



  • イベントに参加して『三重スクエア』メンバーと交流できる

  • \t
  • 三重暮らし交流サイト<ちゃっとみえ、ちょっとみえ>でオンラインでの交流ができる


興味を持ったら、まずは、オンラインでのイベントに参加してみよう!


本音でトーク!『東京スクエア』オンライン交流会


イベントの概要


日 時:2020年10月5日(月) 20:00~21:30(予定)
内 容:三重県への移住についての意見交換会
方 法:オンラインイベント
    ・zoomミーティングを予定しています
    ・当日までにURLをメールにてお知らせします
定 員:10名程度(事前申込制、先着順となります)
参加費:無料
対 象:三重県に興味・ 関心がある人、 三重県と繋がりたい人
    ・東京スクエアのメンバーでなくても参加いただけます
    ・具体的に移住を考えていなくても、いつかは…と漠然と思っている方でもOK


申込み:三重暮らし魅力発信サポーターズスクエア事業(事務局代行:アド近鉄)
    e-mail:mie.kurashi@gmail.com
    ★当日の参加URLをお送りします


イベントのポイント


今回の交流会には、地元・三重から先輩移住者も参加します。


その中の一人、三重県多気郡多気町で、歴史ある古民家を再生して珈琲店を営む、金川氏をご紹介します。東京の大田区で3代続いた珈琲店と焙煎店を多気町に移し、新店舗をオープンさせたのは今年7月。「東京から地方への移住」の思いはあったが、当初から移住先を三重県に決めていた訳ではないと話します。


全国を回る中、なぜ最終的に移住の先を三重県多気町に決めたのか、また、なぜ歴史ある古民家を再生しての珈琲店オープンとなったのか、金川氏本人に、移住までのストーリーと、移住してからの出来事を聞くと、不思議な巡り合わせと、人との縁を感じます。


移住には「ぼちぼち、ぼちぼち」という気持ちが大切と語る金川氏の話には、地方への移住成功のヒントが詰まっています。


珈琲のアロマ漂う店内で豆を挽く金川氏
珈琲のアロマ漂う店内で豆を挽く金川氏
130年以上前に建てられた元呉服屋は贅を凝らした建築。長く空き家だったが見事に再生させた
130年以上前に建てられた元呉服屋は贅を凝らした建築。長く空き家だったが見事に再生させた
街道の面影が今も残る、店舗前の通り
街道の面影が今も残る、店舗前の通り
多気町の風景。
多気町の風景。

長閑な自然が色濃く残る町だが、古くは伊勢本街道、和歌山別街道、熊野街道が通過する交通の要地として栄えた。北に津市や松阪市、東に伊勢市、西に伊賀市、名張市と三重の主要都市と隣接し、名古屋や大阪といった大都市圏へのアクセスも良好なので、近年、「自然豊かな地で子育てしたい」と、移り住む人も多い。


イベントのプログラム


アイスブレイク  :まずは、参加者全員で簡単な自己紹介をしましょう(15分)
現地トーク①   :金川珈琲店・金川さんに移住の経験談をお聞きします(15分)
現地トーク②   :OTONAMIEの編集長・村山さんからリアルな三重をお話し(15分)
休憩 (5分)
交流タイム    :グループに分けてグループミーティングを行います 
         :参加者全員と会話が出来るように途中で組み換えます(20分)
参加者メッセージ :参加者全員にひとこと感想をいただきます(15分)
次回のイベント案内:事務局より次回のイベントのご案内をします
*イベントプロブラムは予告なく変更する場合がございます


お問い合わせ先


三重暮らし魅力発信サポーターズスクエア事業事務局(主催:三重県)
https://www.facebook.com/mie.kurashi/
事務局代行 / 株式会社アド近鉄 
担当 / 杉田
営業時間 / 月~金 10:00~18:00 
TEL / 080-7070-0964 
e-mail / mie.kurashi@gmail.com
 

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP