COFFEE PICNIC開催|サスティナブルコーヒーをビジネス街へ届けるフリーコーヒーイベント

COFFEE PICNIC開催|サスティナブルコーヒーをビジネス街へ届けるフリーコーヒーイベント

2021.09.23

グアテマラ発スペシャルティコーヒーを生産するGOOD COFFEE FARMS株式会社は、東京建物株式会社と、地域活性化を目的としたイベント「アート&クラフト市 at TOKYO SQUARE GARDEN」の3者タイアップ企画として、「国際コーヒーの日」に定められている10月1日に合わせ、コーヒーを無料で振る舞うイベントを、東京駅の東側に広がるエリア(八重洲・日本橋・京橋)の2会場で実施します。 リ

コロナ禍において目まぐるしく変化する街の風景や人々の日常。それは、コーヒー生産の現場も、東京都心のビジネス街も、例外ではありません。こんな時だからこそ、コーヒーのつくり出す豊かな空間やリラックス効果に価値を見い出された方も多いのではないでしょうか。

『COFFEE PICNIC』と銘打った本イベントは、どこかせわしない日常に駆り立てられるオフィス街に期間限定で芝生広場を出現させ、私たちGOOD COFFEE FARMSが持続可能な方法で生産したスペシャルティコーヒーを配布することで、街ゆく人々をひとときのコーヒーブレイクに誘います。

フリーコーヒーの他にも、一杯のコーヒーができるまでを知るワークショップや、リサイクル素材や環境負荷の低い天然素材のハンドメイド雑貨を集めたマーケットなど、「サステナブル」をテーマに複数の企画を用意。今日ここで手にした、地球の裏側にいるコーヒー生産者の笑顔につながる一杯が、皆様にとっても励ましとなり、明日からのサステナブルな商品選択を後押しするイベント構成となっています。

東京建物八重洲ビル会場 イベントマップ

『COFFEE PICNIC』開催概要

会期:
① 2021年9月30日(木)、10月1日(金) 11:00~17:00
② 2021年9月30日(木)、10月1日(金)、10月2日(土) 11:00~17:00

場所:
① 東京建物八重洲ビル 1階屋外広場、1階ブリリアラウンジ
② 東京スクエアガーデン 1階屋外広場

入場料:無料
参加費:オンラインプログラムを除くコンテンツはいずれも無料
共催:GOOD COFFEE FARMS株式会社、アート&クラフト市実行委員会
協賛:東京建物株式会社
後援:在グアテマラ日本国大使館、京橋一之部連合町会、八重洲一丁目中町会
※雨天の場合は規模を縮小して開催しますが、新型コロナウィルス感染症等の状況により、イベント内容は予告なく変更または中止になる場合があります。
※安全・安心なイベント運営のため、感染防止対策へのご協力と、入場者の整理誘導等の実施に対するご理解をお願いします。

『COFFEE PICNIC』コンテンツ

(1) フリーコーヒー “Sustainable Coffee For You”
私たちGOOD COFFEE FARMSが、グアテマラの家族経営の小規模農家と共に、水、電気、CO2の使用を削減するなどサステナブルな生産にこだわってつくったスペシャルティコーヒーを試飲サイズで無料配布します。水を使わない精製処理によって糖分が流れ出ることなく、コーヒー本来の豊かでフルーティーな甘い味わいを感じていただけます。
※東京建物八重洲ビルでは、14:00-15:00は中休みとなります。
※時間帯によってはお待たせする場合があります。配布予定数量に達し次第終了となります。


(2) 自転車脱穀機体験
世界が注目する自転車脱穀機「ドライ・バイシクル・パルピング」が、『COFFEE PICNIC』の会場にやってきます。ペダルをこぐことでコーヒーチェリー(コーヒーの実)の果肉と豆を分離させる仕組みで、小規模農家でも導入のハードルは低く、これまで安値で取引されるコーヒーチェリーのままで売却するほかなかった彼らの希望の光になっています。コーヒー農家になった気分で、ぜひチャレンジしてみてください。
※東京スクエアガーデンでの自転車脱穀機体験は10月2日(土)のみとなります。

(3) GOOD COFFEE FARMS物販ブース
フリーコーヒーでお試しいただいたコーヒー以外にも、通常なら捨てられてしまうコーヒーの果肉を乾燥させてティーバッグに詰めたカスカラ、伐採や剪定により廃材になったコーヒーの木で作ったコースター等も販売します。

(4) トークセッション
『産地でのSustainability』
コーヒー生産国が抱える社会課題と環境課題、GOOD COFFEE FARMSの取り組みなど、写真や動画を交えて解説します。

登壇者:GOOD COFFEE FARMS代表 カルロス・メレン
約200名のグアテマラの小規模コーヒー農家の旗振り役として、情報提供やイノベーションを通じて、彼らの収入を3倍にして貧困問題を解決するだけでなく、同時に環境問題までも解決する仕組みをつくり、サステナブルな世界の実現に挑戦し続けている。

開催日程:
① 9月30日(木)12:00-13:00
② 10月1日(金),10月2日(土) 12:00-12:30/15:00-15:30

会場:
① 東京建物八重洲ビル 1階ブリリアラウンジ
② 東京スクエアガーデン 1階屋外広場
※予約不要(会場にて随時受付・定員制)

『消費国でのSustainability』

カフェやコーヒーショップでのゼロウェイストやアップサイクルといった環境問題に取り組むゲストのクロストーク。

登壇者:Circular Coffee Roasters代表/焙煎士 望月 光 さん

美味しいコーヒーの追求はもちろん、サステナビリティやトレーサビリティに目を向け活動。鎌倉・湘南界のカフェやコーヒースタンドにマイタンブラーを持参することを推奨し、ゴミの削減につなげる運動「Bring me Shonan」の代表も務める。

登壇者:ONIBUS COFFEEオーナーバリスタ 坂尾 篤史 さん

ポールバセットで2年半バリスタとして経験を積み独立。現在都内に5店舗、ベトナムホーチミンに1店舗を運営する傍ら、ルワンダ、グアテマラなどに直接足を運び、食材の透明性をより明確にし、農園とのサステナブルな関係を築くために活動中。

開催日程:9月30日(木)14:00~15:00
会場:東京建物八重洲ビル 1階ブリリアラウンジ
※事前予約制(先着順・空きがあれば当日申込も可)
※Web予約はこちら:https://tatemono.svy.ooo/ng/answers/coffeepicnic0930/

(5) ワークショップ
『世界チャンピオンのコーヒー実演』
ラテアートの世界チャンピオンに輝き、海外でも「SAMURAI SHIN」の愛称で知られるバリスタ・深山晋作氏がその腕を披露。

講師:Barista Map Coffee Roasters代表 深山 晋作 さん

豪メルボルンの人気カフェ「ST. ALi」で7年間バリスタとして活躍した後、アンバサダー兼トレーナーとして、これまでに世界各国3,000人以上のバリスタならびに初心者へレッスンを行う。2021年、大阪に「Barista Map Coffee Roasters」をオープン。
開催日程:10月1日(金) 14:00-15:00
会場:東京建物八重洲ビル 1階ブリリアラウンジ
※予約不要(会場にて随時受付・30分入替/定員制)

『オンライン焙煎体験会』
事前に送られてくるコーヒーの生豆を使い、教わりながら焙煎にトライ。準備するのは焙煎器具とザルだけ。フライパンでも焙煎可能。

講師:COM-MA Laboratory CEO 江角和沙 さん

【感性をひらく“間”との出会い】をコンセプトにした食体験ブランド「Comma Lab」を運営。時間そのものを有意義に、創造的に過ごすことを提案するサービスを中心に展開。第一弾として、これまでにない新しいコーヒー体験サービス、生豆から自分で焙煎をする「Comma Lab Coffee」を開発。

開催日程:
9月30日(木) 9:00~11:00
10月1日(金) 19:00~21:00/10月2日(土) 9:00~11:00
参加費:参加費:3500円(税込、GOOD COFFEE FARMSのコーヒー生豆200g/手順書/送料込み)
※事前予約制(先着順・9月24日(金)15:00で締切)
※Web予約はこちら https://forms.gle/Daw7wDnpLyekjUe99

(6) その他、東京スクエアガーデン同時開催コンテンツ
① 『アート&クラフト市』10月2日(土)のみ開催
東京スクエアガーデンで毎月恒例のマーケットの特別回。リサイクル素材や環境負荷の低い天然素材のハンドメイド雑貨で暮らしにこだわりを。

② 『ワーケーションガーデン』
アウトドア用品で人気のmont-bell(モンベル)のタープやテーブル、チェアがレイアウトされたキャンプサイトをイメージした「ワーケーションスペース」。ちょっとしたお仕事やブレークタイムに活用ください。

③ 『TULLY'S COFFEE物販ブース』
タリーズで人気のバームクーヘン、レーズンサンド、クッキー等の焼き菓
子をはじめ、コーヒーやエスプレッソとの相性が良いはちみつや、おすすめのドリップコーヒーの抽出器具等の販売を行います。

GOOD COFFEE FARMSについて

グアテマラの家族経営の小規模農家と共にスペシャルティコーヒー(*)を生産しているコーヒー生産者団体。水・電気・燃料を使用しない自転車脱穀機「ドライ・バイシクル・パルピング」を開発し、従来から課題となっていた大規模な精製手段の壁を打ち破り、環境問題の解決に貢献できるだけでなく、金銭的余裕やノウハウの少ない小規模農家も参入できる世界初となる枠組みを構築。

(*)全ての段階において一貫した体制・工程・品質管理が徹底しており、カッピング(試飲)評価シートに基づいたスコアが80点以上のコーヒー豆

Coffee Changing The World™(コーヒーで世界を変えよう)をスローガンに、今後も小規模生産者一人ひとりがビジネス/フランチャイズオーナーとして共に成長できることを目指し、情報提供やイノベーションを通じて、より多くの生産者が機会を得られる仕組みをつくっていきます。

昨今SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)の認知度が急速に高まってきたことで、わたしたちのGOODなコーヒー豆づくりも身近に感じていただきやすくなったように思います。わたしたちの取り組みはSDGsの目指す方向性と一致しており、また仲介業者を全く介さないため、GOODなコーヒーを飲むことでダイレクトにSDGsの目標達成に貢献することができます。

GOOD COFFEE FARMS株式会社
代表取締役:カルロス・メレン
所在地:東京都中央区八重洲2-6-21三徳八重洲ビル10階