ドイツ発スリープテック・ブランドの枕が販売開始

特集 | 秋の夜長も健やかに! 安眠・快眠で身体が整うプロダクト特集 | ドイツ発スリープテック・ブランドの枕が販売開始

睡眠に関わる製品およびサービスを提供するスリープテック・ブランドEmma Sleep Japan合同会社は、最高の睡眠を提供するエマ・ピローを2021年9月2日(木)から公式サイトにて販売しています。

エマ・スリープの親会社であるEmma Sleep GmbH(本社:ドイツ、読み:エマ・スリープ・ゲーエムベーハー)は、世界中により良い快適な睡眠体験を届けたいという使命の元、2013年ドイツのフランクフルトで設立以降、世界30カ国、300万人以上に愛用されています。また、多くの人に最高の眠りを提供すべく、最先端の試験施設と熟練の開発チームにより、日々研究、試験を続けています。

睡眠博士による正しい枕の選び方のポイントを解説

Emma Sleep GmbHの神経生物学者で睡眠のエキスパートであるVerena Senn博士(以下Senn博士)によると、「快適なマットレスを選ぶのと同じぐらい正しい枕選びも安らかで健康的な睡眠をとるために必要不可欠なこと。しかし、いい枕を選ぶことに対してフォーカスされていないのが現状です。体に合わない枕を使用して、首の痛みや張りなどの悩みを抱えている人が多くいます。」正しい枕の選び方のポイントとして3つがあげられます。

①頚椎(けいつい)が曲がった状態にならない姿勢をキープすること
②背骨に負担がかからない姿勢をキープすること
③通気性や放湿性に優れている枕を選ぶこと


これらの研究結果をもとに開発されたのが、エマ・ピローです。

エマ・ピローの特徴

エマ・ピローは、3層のフォームをエコテックス®を認証取得した通気性の良いカバーで覆っています。しっかりとしたエア・ゲルフォームは、圧力を均等に分散し、適度な沈み込みで頭部をしっかりと支えます。通気性が高く、柔らかいHRXフォームによって安定した睡眠温度が保たれます。粘弾性のあるメモリーフォームは、体にフィットし、無理に圧迫せず心地の良い感触が実現されています。カバーも含め、通気性の高い素材を使っているため、一晩中快眠できる睡眠温度を保つことが可能です。

横向けで寝るのか、仰向け、うつ伏せといった一人一人の好みの寝姿勢によってどういう枕が一番合うのかが変わってきます。3層のフォームは調節可能で、自分の寝姿勢によってお好みの層数、順番に入れ替えて自分好みの枕にカスタマイズが可能です。例えば、うつ伏せで寝る方は一般的に薄い枕が推奨されており、フォーム層を1層か2層でご使用いただけます。横向けで寝る方は頭部と肩の間に段差が生まれるため、高めの枕がおすすめです。その場合は、エマ・ピローの3層すべてを使用してしっかり頭部をサポートするのがおすすめです。もちろん、お好みの層数、高さでご使用いただけます。

エマ・ピローの商品概要

エマ・ピローは柔軟性があり、高い通気性で適温に保ち、高さも調節が可能です。
配送料無料、100日間のお試し期間を提供します。お試し期間中であれば、体に合わなかった場合でも、手数料無料で返品・返金が可能です。
サイズ:幅63cm、長さ43 cm、厚み12cm、重さ1.61kg
価格:¥10,000(税込)

Emma Sleep Japan合同会社について

Emma Sleep Japanは、2013年にドイツのフランクフルトで設立されたスリープ・テック企業のEmma Sleep Gmbhの日本法人として2020年10月に設立しました。エマのマットレスは現在、30カ国、300万人以上のお客様に愛用されています。開発されたマットレスは、特許を取得した技術により、どのような寝姿勢でも、より良い睡眠のための快適さとサポートを提供します。また、本国ドイツやヨーロッパで最も急成長しているスタートアップ企業の1つに選ばれただけでなく、世界各国でアワードを数多く受賞しています。

受賞アワード

【公式サイト】
https://emma-sleep-japan.com/

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP