【新提案】『たべる』ではなく『のむ』今までになかった野菜の味わい方を商品に!

【新提案】『たべる』ではなく『のむ』今までになかった野菜の味わい方を商品に!

2022.04.09

2022年6月1日(水)、八百屋「つま正」がオリジナルべジブロス『飲む野菜ファースト』のWEB販売を開始!

飲む野菜とは何か?

食べる野菜を飲む野菜にする発想が面白いですよね。八百屋さんならではの発想で、クラウドファンディングも気になります(ソトコトオンライン編集部)

フードロス対策で生まれたベジブロス

『飲む野菜ファースト』は8種の野菜を南足柄の名水「金太郎の力水」を使用してじっくりと煮込んだ、そのまま飲めるべジブロスになっています。

つま正では身近なところから取り組めるフードロス対策と持続可能な農業支援を目指し、横浜市内の大学とタッグを組み、産学連携で商品開発に挑戦。

【こんな時に!】
・朝食にコップ1杯。(1パックあたりの内容量はコップ3杯分です。)
・食べ過ぎ飲みすぎのときに、一食の代替に。
・ファスティング後の最初の一食に。
・スポーツ・キャンプなどのお供に。

一日に何種類もの野菜を沢山食べようとするのはちょっと大変。でも、健康にはしっかり気遣いたい。
そんな気持ちに応えられる、手軽さと美味しさが自慢の逸品です。
4/1(金)からクラウドファンディングを行っています。

この情報のまとめ

・4/1からクラウドファンディングを行っている
・横浜市内の大学と産学連携で商品開発
・八百屋が提案する『飲む野菜ファースト』