【オープン】大正12年建築の歴史的建造物・富岡倉庫がカフェに変身!「Merci

【オープン】大正12年建築の歴史的建造物・富岡倉庫がカフェに変身!「Merci Cocon & Café」

2022.05.03

パーソルサンクス株式会社は、2020年3月富岡倉庫2号倉庫の管理運営優先事業者に選定され、2022年4月28日(木)より、本倉庫を富岡製糸場・地域活性化とともに障害者雇用の拡大を目指す施設として、「Merci Cocon & Café」(メルシー・ココン アンド カフェ、以下、本カフェ)が営業しています。

富岡製糸場の場所にカフェができました

地域活性化と障害者雇用の拡大を目指す施設が出来たそうです。(ソトコトオンライン編集部)

<上、Merci Cocon & Café外観 下、Merci Cocon & Café店内>

「Merci Cocon & Café」の紹介

本カフェの名前は、富岡製糸場(官営模範器械製糸場)が明治時代、フランス人の指導のもと西洋の技術を取り入れた施設として設立された歴史的背景と、パーソルサンクスのミッションステートメント“「ありがとう」をかたちに。“を踏まえ、フランス語で「ありがとう」を意味する“Merci”と「繭」を意味する“Cocon”から名付けられました。

1)地域の特色を活かした「桑の葉オレ」やフランスの「ガレット」などを提供

<上、生ハムとグリュイエールチーズのガレット 下、桑の葉オレ>
本カフェは、コーヒーや紅茶、フレッシュジュースなどのドリンクメニュー以外に、富岡シルクや養蚕で知られる地域の特色を活かした「桑の葉オレ」を提供します。

2)2024年度までに22名の障害者雇用を創出
パーソルサンクスは、全国10拠点にて、496名(※2022年4月1日現在)の障害のある方々がさまざまな仕事に取り組んでいます。2017年には障害者雇用を通して富岡の伝統産業である養蚕業を次世代に繋ぐことを目指し、富岡市妙義町に「とみおか繭工房」を開設。

障害のある方が活躍できる場を創り、地域の課題解決に取り組んだこれまでの経験とノウハウをいかし、本カフェでは、2024年度までに22名の障害者雇用を予定しています。

3)大正12年建築の建造物が隈研吾事務所の改築によりおしゃれ空間として再誕生

<上、ワークショップのイメージ 下、シルクを使ったアクセサリー>

富岡倉庫は、明治33年創立の富岡倉庫株式会社が、繭等を保存するために建造した倉庫3棟及び繭の乾燥場1棟の総称です。その中でも本カフェである、2号倉庫は大正12年ごろ建築されており、隈研吾事務所によりおしゃれ空間として再誕生しました。1階はカフェスペースとして活用し、パーソルサンクス とみおか繭工房で制作しているシルクアクセサリーやシルク関連商品などを販売するショップも運営。

2階はイベントスペースとして、今後、絹糸を使った組ひもや繭玉入りハーバリウム制作などが体験できるワークショップも予定しています。

場所・営業時間

「Merci Cocon & Café」(メルシー・ココン アンド カフェ)

・富岡市富岡1450-1(最寄駅:上州富岡駅 徒歩1分)
・営業時間 11:00-17:00(ラストオーダー フード16:00 ドリンク16:30)
・年中無休(年末年始を除く)
・電話番号:0274-67-5591
※この度、オープンを記念し、4月28日から、先着200名さまにお富ちゃんのプリントクッキー(2枚入り)をプレゼントします。

この情報のまとめ

・群馬県富岡市にオープン
・地域活性化を目指す施設
・歴史的建造物がカフェに