ペットボトルから生まれたメガネブランド『PLAGLA』のサングラスコレクション

特集 | 【2022年6月の特集】アイケアグッズ特集~今年の夏は目元もソーシャルグッドで!~ | 4 ペットボトルから生まれたメガネブランド『PLAGLA』のサングラスコレクション

2022.06.02

国内のリサイクル技術を駆使し、約2本の使用済みペットボトルからメガネフレームを生み出すPLAGLA(プラグラ)。そんなPLAGLAのサングラスコレクションを紹介。

■PLAGLA3つの特徴

1. フレームの原料は使用済みのペットボトル
2. 日本製メガネの生産シェア9割を誇る福井県鯖江市の工場で生産
3. レンズは自然に還る「生分解性バイオポリマー」を採用

■PLAGLA誕生の背景

年間800トンにも及ぶといわれる、海に廃棄されるプラスチックゴミ。
この現実にしっかりと向き合い、“ゴミ自体を減らす努力をしなければ問題は解決しない”
という想いから、リサイクル技術を駆使したメガネ/老眼鏡ブランドPLAGLAが誕生しました。
PLAGLAの売り上げの一部は公益財団法人「海の羽根募金」に寄付されます。

リサイクル技術を駆使し、環境に優しいアイウェアを提案

PG-02(ラウンドタイプ)

•サイズ:レンズ幅51mm、ブリッジ幅19mm、テンプル長さ141mm
•重量:34g
•カラー展開:BLACK×GREY、BLACK×BLUE、BROWN×GREEN
•価格:6,490円(税込み)

PG-03(ウェリントンタイプ)

•サイズ:レンズ幅52mm、ブリッジ幅18mm、テンプル長さ135mm
•重量:36g
•カラー展開:BLACK×GREY、BLACK×BLUE、BROWN×GREEN
•価格:6,490円(税込み)

▼PLAGLA公式サイト
https://shop.plagla.jp/