【期間限定オープン】美術作家渡辺おさむが京町家の宿をまるごとデコレーション!

【期間限定オープン】美術作家渡辺おさむが京町家の宿をまるごとデコレーション! 5月よりスイーツの宿が!

2022.05.31

本物そっくりの精巧なクリームやキャンディ、フルーツなどを用いて現代アート作品を制作する作家渡辺おさむが京都の宿を初プロデュース。

甘いお菓子に囲まれたスイーツの宿「京と家」

作品の展示の他、クッションやベットカバーのデザイン、日本庭園もスイーツテイストなんです。(ソトコトオンライン編集部)

スイーツの宿寝室

甘いお菓子に囲まれたスイーツの宿が期間限定オープン

樹脂を用いて本物そっくりのお菓子の作品を制作する現代美術作家、渡辺おさむが東山区の清水エリアにある京町家の貸切り宿「京と家」をプロデュース。
京都をイメージした浮世絵や仏像をデコレーションした作品の展示の他、部屋からは、ショートケーキ岩やクリーム止め石を配置したスイーツ日本庭園を眺める事ができます。ベットカバーなどのファブリックも今回の為にスイーツテイストにデザインされており、スイーツな作品に囲まれて、甘いひとときを過ごす事ができます。

スイーツ日本庭園「ショートケーキ岩」
お菓子の掛軸

今回のプロジェクトについて渡辺おさむコメント

この度、初めて宿泊施設のプロデュースさせていただきました。ここでは美術館のように静かに遠くから鑑賞する必要はないので、横になって寛ぎながら眺めてみたり、じっくり近くで作品の細部を観察してみたり、自分のペースで作品と向き合う事ができます。
扉の奥や、見上げた天井近くなど、座る、寝転ぶといった生活動作の中で発見される、隠れた作品もあるので、ぜひ探してみてください。
私の作品のモチーフになっているお菓子には誰にでも幸せな記憶があるのではないでしょうか?絵画、彫刻にデコレーションされた作品たちは、皆様の甘い記憶とリンクして、新たな物語を紡ぎ始めます。
ここスイーツの宿であなただけの物語が発見される事を願っています。

渡辺おさむスイーツの宿「京と家」概要

会期
5月27日(金)~6月12(日) アート作品と共に宿泊可能(作品の事前購入可能)
6月12(日)~6月19(日) アート作品と共に宿泊可能
6月20日(月)~6月26日(日) 予約制一般公開展示(宿泊なし見学可)

会場
京と家五条大阪町
〒605-0904 京都府京都市東山区大阪町380
宿泊予約詳細は「京都×アートプロジェクト」のホームページをご覧ください。
https://kyotoya-alps.net/kaigaten/
「京都×アートプロジェクト」では京と家が運営する京都の宿を舞台に渡辺おさむを始めその他5名のアーティスト(上床加奈、大橋麻里子、小田望楓、タカハシマホ、曄田依子)が各建物内に作品を展示しています。

※6月20日(月)~6月26日(日)の予約制一般公開展示期間以外は、貸切り宿泊施設となっておりますので、宿泊のお客様以外の建物への訪問はご遠慮ください。

渡辺おさむについて

スイーツデコの技術をアートに昇華させた第一人者として「東京カワイイTV」(NHK)や「徹子の部屋スペシャル」(テレビ朝日)等、多くのメディアに取り上げられてきました。その作品は、国内はもとより海外でも注目を集め、中国、インドネシア、イタリア、ベルギー、トルコ、アメリカ、韓国などでも個展が開催され、話題を呼びました。また作品集や著書が出版されたほか、大原美術館や清須市はるひ美術館など国内5ヶ所の美術館に作品がコレクションされています。

渡辺おさむホームページ:http://watanabeosamu.tokyo

この情報のまとめ

・期間限定オープンの宿
・京町家がまるごとデコレーション
・まさにスイーツの宿