【都市鉱山で3,700万円の収入】【相模原市】今日は5月30日(ごみゼロの日)!ごみから貴金属を回収してSDGsを推進

【都市鉱山で3,700万円の収入】【相模原市】今日は5月30日(ごみゼロの日)!ごみから貴金属を回収してSDGsを推進

2022.06.05

都市鉱山で3,700万円の収入

都市鉱山もなかなか侮れないと思った瞬間でした(ソトコトオンライン編集部)

令和3年度に回収した金・銀の量
搬出量  
金(Au)15,427g  
銀(Ag)15,856g

貴金属を回収した清掃工場の概要

名称:南清掃工場
所在地:相模原市南区麻溝台1524-1
炉形式:流動床式ガス化溶融炉(※)
設計・施工:株式会社神鋼環境ソリューション
https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisetsu/shikanren/recycle/1002715.html

※流動床式ガス化溶融炉
高温で流動する砂(約14t)を用いてごみをガス化して燃焼することにより、ごみに含まれる鉄・アルミを良質な状態で回収できます。また、焼却灰ではなく道路用資材等として活用できる「スラグ」を生成し、最終処分場の延命化と資源の再利用を行っています。

焼却炉からの貴金属回収の仕組み

流動床式ガス化溶融炉の設備イメージ

一般ごみとして廃棄された電子機器等には貴金属が含まれており、焼却炉の底部に堆積した比重の重い砂(炉底砂 約2t)を調査したところ、その中から貴金属を回収することができました。

展示及び報告会について

◇展示◇

金のレプリカ

SDGsの実現に向けて自らができることを考えるきっかけづくりとして、回収相当分の金のレプリカや回収の仕組みの紹介などの啓発展示を行います。
期間:令和4年6月1日(水)〜30日(木)
場所:相模原市役所本庁舎1階 展示スペース「さがみはらインフォメーション」(相模原市中央区中央2-11-15)
※より効率的な資源の回収のため、市民の皆様は引き続きごみの分別にご協力ください。

◇報告会◇
これまでの調査・研究の成果を市長へ報告し、意見交換を行います。
日時:令和4年6月15日(水)11:00〜
場所:相模原市役所本庁舎2階  特別応接室
出席者:株式会社神鋼環境ソリューション  代表取締役社長 他4名、相模原市長  ほか

この情報のまとめ

・都市鉱山の具体的例
・都市鉱山で3700万円の収入
・SDGsの推進にもつながる