【販売スタート!】“揚げずに焼いた” 新感覚なスパイスカレーパン『コナとスパイス』

【販売スタート!】“揚げずに焼いた” 新感覚なスパイスカレーパン『コナとスパイス』

2022.06.25

栃木県・那須生まれの新銘菓「バターのいとこ」など、食をテーマに、社会課題を解決することを目的とした会社「株式会社GOOD NEWS」から、新たな新商品となるスパイスカレーパンが2022年7月6日(水)に登場。その名も『コナとスパイス』。

代々木八幡の人気レストラン「PATH」のオーナーシェフ、原 太一氏完全プロデュースの焼きカレーパンは、風味豊かなスパイスの効いたインドカレーをナンのようにもちもちとしたパン生地で包んだ、食べ応えたっぷりの逸品です。

スパイシーでありながらココナッツミルクでクリーミーに仕上げた「辛メ」と、子供でも食べやすいまろやかな「甘メ」の2種類を展開。
<商品詳細>
商品名:コナとスパイス 辛メ/甘メ 種類:2種類(辛メ/甘メ)
価格:1個 370円(税込399円)/5個入りBOX<冷凍> 1,850円(税込1,998円)
販売店:コナとスパイス(GOOD NEWS施設内、直営店)
instagram:@konato_spice #コナとスパイス

「コナとスパイス」の4つのポイント

1.“揚げずに焼いた” ふわっと軽いカレーパン
揚げずにサクッとした食感を実現させた焼きカレーパン。食べた瞬間、カレーがジュワ〜っと口いっぱいに溢れ、満足度たっぷりでありながら、油っこくなく、ヘルシーに食べられるのも嬉しいポイント。

2. 11種類のスパイスと栃木県産の小麦粉を使用
香り豊かなスパイスを効かせたカレーをより美味しく楽しめるように、パンの生地には、栃木県産の小麦粉「ゆめかおり」を使用。ナンのようにもちもちとした食感がたまらないカレーパンに仕立てています。

3. フードロス食材で地球にもやさしい
規格外の野菜や、余ってしまう食材を活かした、カレーパンへ。煮込み料理だからこそ解決できる、フードロス問題にも積極的に取り組んでいきます。

4. 持ち帰りたくなるパッケージ
一目見たら忘れられないインパクトあふれるパッケージには、新進気鋭のアーティスト 大竹彩子氏のイラストを起用。カラフルなスパイス柄と異国情緒あふれる女性が目印の、食べ終わった後も楽しめるデザインに。

開発に関わってくださった方からのコメント

ブランド・メニュー監修
PATHオーナーシェフ 原 太一氏

「インドやスリランカのカレーをベースにパンに合うように、全体のバランスを意識しました。癖になるスパイスの香りと、栃木の小麦粉で作ったモチッとしたパンの食感を是非楽しんでください!」

ロゴ・イラスト制作
アーティスト 大竹彩子氏

「味覚だけではなく視覚にも刺激的な女性像とスパイスを絵にしました。カレーパンの幸福な記憶と共に、こっそり持って帰りたくなるパッケージになれば嬉しいです」

7月6日(水)新店舗も同時オープン! 栃木県・那須に誕生する持続可能なまち『GOOD NEWS』

いよいよ7月6日(水)、栃木県・那須の地に、自然豊かな環境を生かした新たなまち『GOOD NEWS(グッドニュース)』がオープン。
現在、バターのいとこカフェを構える通りに、就労支援を備えた食品製造工場「FACTORY(ファクトリー)」、環境に配慮した事業に取り組む「NEIGHBORS(ネイバーズ)」、酪農王国・那須ならではのミルクにまつわる美味しいものがそろう「DAIRY(デァリー)」、社員食堂を兼ねた地域のファミレス「LOCAL RESTAURANT(ローカルレストラン)」、の4つのエリアを開設。

GOOD NEWS【グッドニュース】施設概要

オープン日:2022年7月6日(水)
所在地 | 栃木県那須郡那須町24-1 事業者 | 株式会社GOOD NEWS
主体事業者 | 株式会社チャウス、株式会社バターのいとこ、
株式会社サマンサグローバルブランディングアンドリサーチインスティチュート、PATH、Tangentes
事業内容 | 食品製造所・製造販売店・物販店・飲食店(14店舗)
敷地面積 │ 約43,000㎡ 来場予想 | 年間100万人
ウェブサイト │ http://gooooodnews.com