【機内食に登場!】国内初、食用コオロギを使用したメニュー。「ZIPAIR」国際線4路線に

【機内食に登場!】国内初、食用コオロギを使用したメニュー。「ZIPAIR」国際線4路線に

2022.06.25

徳島大学発のベンチャー企業として、食用コオロギに関連する品種改良・生産・原料加工・商品開発・販売を一貫して国内で行う株式会社グリラスは、株式会社ZIPAIR Tokyoの販売する機内食メニューの食品原料として、国産食用フタホシコオロギを粉末化した自社商品「グリラスパウダー」※1を提供開始します。

2022年7月1日(金)より事前購入が開始

グリラスパウダーを使用した「トマトチリバーガー」と「ペスカトーレ」の2種のメニューが登場!(ソトコトオンライン編集部)

対象路線

・東京(成田)=シンガポール線
・東京(成田)=バンコク線
・東京(成田)=ロサンゼルス線※
・東京(成田)=ホノルル線※
※往路便のみ搭載

メニューの詳細

・トマトチリバーガー(1500円)※消費税免税、要事前購入

バンズとパティ、トマトソースにグリラスパウダーを混ぜ込んだハンバーガーです。辛みスパイスを効かせたトマトソースが味の決め手です。
※コオロギはエビやカニと類似の成分を含むため、該当のアレルギーをお持ちの方はお控えください。

・ペスカトーレ(1500円)※消費税免税、要事前購入

トマトをふんだんに使用したソースに、ソフトシェルシュリンプ、たこ、いか、小柱の入ったパスタです。ソースにグリラスパウダーを加えています。
※コオロギはエビやカニと類似の成分を含むため、該当のアレルギーをお持ちの方はお控えください。

食用コオロギ関連事業の背景について

2019年6月に国連より発表された報告書によると、今後30年で世界人口は77億人から97億人への増加が見込まれ、これに伴う食料問題への対応が喫緊の課題です。特に動物性タンパク質の不足は顕著であり、その解決策としてFAO(国際連合食糧農業機関)は昆虫食を推奨しています。昆虫は既存の畜産と比べてタンパク質の生成に必要な餌や水の量が少なく、限りある資源の有効活用が可能です。また温室効果ガスの排出量も少なく、環境負荷の低いタンパク源といえます。

サーキュラーフードについて

サーキュラーフードとは、持続可能な社会の実現にあたり、環境負荷の低減を目指し、かつ食品ロスを主要原料として活用すべく開発された新技術を用いて生産された循環型の食材及び食品のことを指します。サーキュラーフードの普及は、SDGsのターゲット12.3「2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食品廃棄物を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品の損失を減少させる。」への寄与が見込めます。

この情報のまとめ

・機内食に食用コオロギを使用したメニュー
・2022年7月1日(金)より事前購入が開始
・「トマトチリバーガー」と「ペスカトーレ」の2種のメニュー