【先行販売】雨の日の傘の「不快・不便・不安」を解消。傘ホルダーがMakuakeにて登場 

【先行販売】雨の日の傘の「不快・不便・不安」を解消。傘ホルダーがMakuakeにて登場 

2022.07.09

足あと合同会社は、新型傘ホルダー「Casash」を開発し、応援サイトMakuakeで先行発売を開始しました。

雨の日の外出を快適にする商品

​Casashは、濡れた傘を「たたむ時」「持ち歩く時」の不快感を解消(ソトコトオンライン編集部)

Casashは、雨の日に感じるこれらの不快な思いを解消します。

《傘たたみをスマートに!》
Casashを使うと、傘に直接触れることなく、綺麗に傘がたためます。
たためみながら水滴も切れるので、濡れた傘で服や持ち物が濡れる不快感を解消します。

《手ぶら移動が可能に!》
Casashを使うと、リュックやカバンに傘を簡単に取り付けることができ、手ぶらでの移動が可能になります。
傘を手に持つ煩わしさから解放され、車内でのスマートフォンや読書、ショッピングモールや百貨店での買い物をより快適に楽しむことができます。

《アクセサリーを取り付け可能!》
Casashにイヤホンジャックアクセサリーやチャームを付ければ、オリジナリティーを演出できます。
ショッピングモールや百貨店での傘のビニール袋使用する際には、止める事も可能。

《水滴による不快感を解消!》
Casashの付属品「石突キャップ」を使うと、ビニール傘の先端に水滴が溜まります。
これにより足元が水滴で濡れる不快感から解消されます。

《環境問題・傘の危険な持ち方の社会問題の解決に貢献!》
傘の「不」を解決する事で、電車やバスでの傘の置き忘れの削減、傘用ビニール袋の削減が可能になります。
Casashを使用する事で、環境問題や傘の危険な持ち方の社会問題、SDGsの達成に貢献します。

この情報のまとめ

・クラウドファンディングで先行発売
・雨の不快感を救う傘ホルダー
・SDGsにも貢献