【神社で日本初】NFT「竹神社デジタル御朱印」の頒布を8月より開始

【神社で日本初】NFT「竹神社デジタル御朱印」の頒布を8月より開始

2022.08.05

明和町の観光地域づくりを推進する一般社団法人明和観光商社は、株式会社博報堂のHAKUHODO Blockchain Initiative(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)と博報堂行動デザイン研究所、およびNFTサービスの開発を行うCryptoGames株式会社と共同でNFTを活用した地域文化のデジタル実装に向けて4度の実証実験を行ってきました。このたび有効性の検証を完了し、竹神社において御朱印をデザインしたNFT「竹神社デジタル御朱印」の頒布を8月より開始します。

ブロックチェーン技術を活用した多様なサービスを展開するHAKUHODO Blockchain Initiativeと、生活者の新しい行動習慣を作り出すための研究と実践を行う博報堂行動デザイン研究所がその知見・経験を掛け合わせ、NFTサービスの開発を行うCryptoGamesと共同で、明和観光商社が支援する三重県明和町の竹神社の御朱印NFT「竹神社デジタル御朱印」の開発をすすめてきました。

これまで4度の実証実験を行い、有効性の検証も完了したことから 、竹神社において御朱印をデザインしたNFT「竹神社デジタル御朱印」の頒布を8月より開始します。

博報堂行動デザイン研究所が制作した竹神社の花手水をモチーフとした御朱印NFTを、CryptoGamesが提供するNFT配布ソリューション「NFT Airdrop」を利用して発行します。竹神社社務所において申し込まれた方にお示しするQRコードをスマートフォンで読み込むことで、専用ページを通じて御朱印NFTを受け取ることができます。

日 時:2022年8月~2023年7月の土日、満月の日
場 所:竹神社(三重県多気郡明和町斎宮2757-2)
内 容:QRコードの読み取りによる「竹神社デジタル御朱印」の頒布。ご参拝頂いた証をデジタルでも残せる「竹神社デジタル御朱印」を1枚につき1度頒布いたします。絵柄は毎月変わり全部で12種類あります。

注意事項:
◆入手いただくにはスマートフォン及びSNSアカウント(Google、LINE、Twitterなど)が必要です。
※一部機種の古い端末など、ご利用頂けないケースもご容赦ください。

竹神社デジタル御朱印の受け取り方法

1)竹神社に掲示されたNFTAirDropのQRコードを読み取り、NFTStudioのページからログインボタンを押します。
※すでにウォレットをお持ちのユーザー様は無料配布対象ページの「Get free NFT」ボタンを押して、NFTをお受け取りください。
2)ログイン画面からウォレットの接続ボタンを押し、「Google・Twitter・Discord」のいずれかを選択し、アカウントの保護設定・認証手続きを行います。
3)認証が確認されるとマイページが表示されますので、無料配布対象ページに戻り、「Get free NFT」ボタンを押して、NFTを受け取ります。
詳しくは下記の受け取り方法マニュアルをご参照ください。

・受け取り方法マニュアル

竹神社について

明治44年(1911)、旧斎宮村にあった25社の神を合祀して誕生した神社。長白羽神をはじめ、この地域の多くの神様をお祀りしており、社地は天皇に代わって伊勢の神宮を支えた斎王ゆかりの地とされています。
元は竹川の古里にありましたが、明治時代に野々宮が祀られていた現在の場所に移動してきた歴史があります。