【開催】「鉄道フェスティバル」を京王百貨店新宿店で

【開催】「鉄道フェスティバル」を京王百貨店新宿店で

2022.08.06

株式会社京王百貨店新宿店では、8月4日(木)~15日(月)の期間、7階大催場にて「鉄道フェスティバル」を開催します。

「電車でGO!!」運転士体験ゲームや京王線9000系カットパネルのフォトスポット

「鉄道模型コンテスト」優秀作品ジオラマの展示・運転体験など、鉄道好きの方も模型好きの方も楽しめる企画を実施(ソトコトオンライン編集部)

会期:8月4日(木)~15日(月)10時~20時(最終日は17時閉場)
場所:京王百貨店新宿店 7階大催場

運転士なりきり体験&なりきりフォトスポット(無料)

●「電車で GO!!」
◆各日 10 ~12時/13~18 時(最終日は 16 時まで)
㈱タイトーの人気ゲーム「電車で GO!!」が無料で体験できるコーナー。東 京・名古屋・大阪の電車が登場し、お好きな電車で楽しめる運転士体験ゲームです。スタッフが常駐して使い方をサポートするため、初心者の方からお子様までお楽しみいただけます。

※イメージ

●京王電鉄「なりきりフォトスポット」
本格的な京王線9000系のカットパネルの前で記念写真が撮れるほか、昔懐かしい京王線の駅の様子や運転台からの映像などを特別編集したレトロムービー上映も行います(特別協力:京王電鉄株式会社)。

ジオラマ展示&運転体験(無料)

◆運転体験は各日11~12時/13~18時(最終日は16時まで)
“鉄コン”の愛称で知られる「鉄道模型コンテスト」で、2021年優秀賞を受賞した日本最古の鉄道学校「岩倉高等学校」の作品を展示します。小さなお子様でも本格的なNゲージを楽しみながら体験できる貴重な機会として人気の運転体験も復活(整理券制)。そのほか、HOゲージ*の運転展示も実施します(特別協力:天賞堂)。
*レール幅16.5ミリがHOゲージ。同9ミリがNゲージ。縮尺が異なるがどちらも精巧な鉄道模型

そのほか、鉄道グッズも多数登場します ※価格はすべて税込

●鉄道写真家・中井精也氏の作品販売
TVなどでも活躍中の鉄道写真家・中井精也氏。“ゆる鉄”と呼ばれる温かみのある作風で知られる同氏の写真を展示・販売します。

中井精也氏
スタンダード額A4、額装写真付き 12,000円

●「昭和レトロ駅名標風手描き看板」
昔懐かしい駅名標をモチーフにした手描き看板を販売します。その場でお好みの名前を手描きして、オリジナル看板を作るサービスも実施。電車好きの方にはたまらない自分だけのグッズを作ることができます。

[D-CAN](写真奥)自立型駅名標標台座フレームセット ライト付 7,700円、(写真手前)行先サボ差し込みタイプ 2,750円

●ローカル鉄道特集
廃線の危機を乗り越え地方を元気に走る、第三セクター鉄道のグッズを特集。自動車よりゆったりとしたスピードで千葉県房総半島を走り観光鉄道としても親しまれる「いすみ鉄道」をはじめ、井原鉄道、北越急行、IGRいわて銀河鉄道、道南いさりび鉄道の計5社のオリジナルグッズを販売します。

[千葉県いすみ鉄道]ダイカット アクリルキーホルダー(左)いすみ350形(中央)キハ52-125(右)キハ28-2346 各680円

この情報のまとめ

・京王百貨店で鉄道フェスティバル
・期間は8月4日(木)~15日(月)
・様々な鉄道企画が登場