【グランドオープン】長野県白馬村に地域初のコンテナホテル「raw_」

【グランドオープン】長野県白馬村に地域初のコンテナホテル「raw_」

2022.10.07

長野県白馬村に2022年9月30日(金)、地域初となるコンテナホテル「raw_(ロウ)」がグランドオープンしました。役目を終えたコンテナを再利用した、白馬エリアでは初めてのタイプの宿泊施設です

白馬エリア初のコンテナホテル「raw_」グランドオープン

「raw_(ロウ)」は、長野県白馬村にある地域初のコンテナホテルです。コンテナを再利用して素材感をいかし、一棟ごとに独立したプライベート空間に仕上がりました。大中小の3つの部屋を備え、スキーや登山などのアウトドアを楽しみに白馬村を訪れる人をターゲットに、1日3組限定にて宿泊営業をスタート。

コンテナホテルとは? 役目を終えたコンテナをゼロから宿泊施設に

「raw_」の建物は、役目を終えたコンテナを組み合わせてできています。コンテナの耐久年数は通常15年と言われており、役目を終えたコンテナを倉庫やコンテナハウスとして再利用するケースが近年増えています。「コンテナホテル」という新しい宿泊施設は、建築業界においても近年、注目度が高まっているスタイルです。

私たちは、自然環境への負荷を少しでも減らそうと、コンテナの活用を選んでいます。繰り返しの衝撃にも耐えられるよう作られたコンテナは、耐水・耐火性に優れたとても頑丈な「箱」で、人が中で過ごすにも安心して使える建材です。コンテナの中にいることを忘れてしまうほど快適な滞在を保証します。

raw_のお部屋と設備

滞在スタイルに合わせてお選びいただける3つのお部屋タイプをご用意しました。冬には豪雪地帯となる白馬村でも快適にお過ごしいただけるよう、耐久性の高いコンテナに一流の防音・断熱加工を施しました。#1と#2のお部屋にはキッチンが付き、2Fにプライベートウッドデッキと露天風呂がございます。大自然に癒やされながら、時間を気にせずゆったりと滞在をお楽しみください。

ROOM #1 賑やかに過ごせるカリフォルニアスタイルルーム

明るく爽やかな雰囲気の、開放感あふれるお部屋です。大人4名・子供2名の最大6名が泊まれ、ファミリーや友人グループでの賑やかな滞在におすすめです。

ベッドルームはKingとDoubeの2部屋、電子レンジや冷蔵庫のあるキッチンも備え、ミニマルながら自宅のように快適にお過ごしいただけます。室内にシャワールーム、2Fのルーフトップテラスにはバスタブを備えています。

広さ 42.78㎡
定員 4名(ベッドルーム2部屋)
設備 free wi-fi/テレビ/エアコン/電子レンジ/冷蔵庫/IHコンロ

ROOM #2 ちょうどいい広さのNYスタイルルーム

「かっこいい」を表現したミドルサイズのお部屋です。お二人での利用に特化し、カップルやご夫婦、友人同士での利用におすすめです。木の温かみがありながらもアイアンがアクセントになるモダンな空間に仕上げました。

Doubleサイズのベッドを1つ備え、大人2名・子供1名での宿泊が可能です。ベッドルームや洗面スペースは落ち着けるモノトーンで統一し、2人利用ながらキッチン、2Fのルーフトップテラスにはバスタブを備えています。

広さ 28.52㎡
定員 2名(ベッドルーム1部屋)
設備 free wi-fi/テレビ/エアコン/電子レンジ/冷蔵庫/IHコンロ

ROOM #3 コンパクトで機能的な北欧スタイルルーム

いらないを削ぎ落とした、ミニマルなお部屋です。機能性とリーズナブルさを求め、遊びに重きを置く方にぴったり。1〜2名でご利用いただけます。この部屋にだけ最高品質のDoubleサイズベットを導入し、コンパクトながら上質な体験を提供します。テレワークにも最適な作りとなっており、快適なリゾートワーケーションをお約束します。
広さ 14.26㎡
定員 2名
設備 free wi-fi/テレビ/エアコン

地域産やオーガニックにこだわったアメニティ、こだわりの家具・生活用品

室内には使い捨てアメニティを設置せず、置き型ボトルに統一しました。地元産(白馬や信州)やオーガニックにこだわったバス&スキンケアアイテム、伝統的な技術で作られたキッチン用品、白馬の人気カフェ「sounds like cafe」のコーヒードリップバッグや安曇野ハーブスクエアのオリジナルハーブティーなど、思わず日常にも持ち帰りたくなるようなアイテムを室内にたくさん詰め込みました。

raw_は家具・生活用品にもこだわりました。ROOM #1には、一つ一つ違った印象を見せる古材のアイテムを多く取り入れました。ヴィンテージ感のあるソファや抜け感のあるチェアを使い、開放的でカジュアルな空間に。ROOM #2はスタイリッシュな印象になるように、アイアン家具で揃えました。細身のフレームが空間を広く見せ、2名様用ながらゆったりご利用いただけます。

ROOM #3は一番小さなお部屋だからこそ、温かみと居心地のよさを感じられるよう、シンプルな木製家具を選びました。インテリアデザイナーによる、すべてのアイテムに意味のあるセレクトです。

無駄を削ぎ落とし、いつもの自分らしく暮らすように泊まるスタイルを、自然を愛する人が集う白馬エリアから広げ、raw_での体験を日常生活にも取り入れていただきたいと考えています。

おすすめの利用シーン

親子孫3世代や2家族でのご旅行に
一番大きな部屋には2ベッドルームを備え、最大で大人4名子供2名が泊まれます。コンテナという独立したプライベート空間で、他の宿泊者様を気にせず、家族水入らずで快適にお過ごしいただけます。

友人グループでアウトドアを楽しみに
好きな時間にチェックインでき、ホテルよりも自由な過ごし方ができるため、アウトドア好き仲間と複数人での宿泊にもおすすめです。最大4名でご宿泊いただくと、1名様あたり1泊6,250円〜でご利用いただけます。

パートナーとのワンランク上の宿泊に
ミドルサイズのお部屋はダブルベッドルーム1つを備え、パートナーとの宿泊にぴったり。キッチンや露天風呂が付いた空間で自宅のようにくつろぐ旅は、いつもとは一味違う体験になるはずです。

個室で気ままに過ごすお一人様ステイにも
小さなお部屋は、お一人様での滞在にも最適なミニマルな作りになっております。いらないものを削ぎ落とした機能性抜群の空間は、無駄のないスマートな一人旅にもおすすめです。

地域初のコンテナホテル「raw_」誕生の社会背景

昨今のアウトドアブームに伴い、通年型マウンテンリゾートとしての白馬エリアのブランド価値は急上昇しています。冬季以外のグリーンシーズンの観光開発が進み、キャンプやグランピングをきっかけに、ライトアウトドア層など以前よりも幅広いお客様にお越しいただけるようになりました。一方で、感染症によるインバウンド観光客の激減や気候変動による雪不足の影響は大きく、冬季のみに頼らずオールシーズン楽しめるリゾートとして盛り上げていくことは地域全体の課題となっています。

白馬エリアには、スキーブーム全盛期に建設された旅館やペンションが多く、老朽化や人手不足による稼働率低下が問題視されています。そんな中、白馬を訪れる人たちの求める宿は年々変化しており、「raw_」はそうした新時代のニーズにあわせて生まれました。昔のように車中泊はできないし、素泊まりも物足りない。けれど、ラグジュアリーホテルに泊まって観光がしたいわけじゃない。そんな声を受けて、「raw_」は普段のまま飾らずに過ごせる空間を追求し、時代に合った合理的な運営をしていきたいと考えています。

「raw_」に携わる人たちのコメント

コンテナホテル「raw_」の代表は、元日本代表プロスノーボーダーの高橋恭平。長野県白馬村で育ち、地元の観光産業を活性化させたいという想いで、コンテナを建材にしたラーメン屋「高橋家」を経営しており、その敷地の一角に「raw_」はあります。同じく白馬村で育った同級生を中心に、共感した各分野のプロフェッショナルが集結しました。

raw_ 代表 高橋恭平氏

長野県白馬村在住1985年生まれ。スノーボードクロスの競技者として活動し、現在は北アルプスでバックカントリー滑走をメインに活動しながらラーメン屋「高橋家」の代表を勤める。
地に根を張り、地の魅力を引き出す活動を進める中、今回新しい事業である「コンテナホテルの運営」を始める。

「一歩踏み込んだ場所にある白馬村は、決してアクセスが良い地域とはいえません。若い頃にスキーやスノーボードをしに訪れても、次第に足が遠のいてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。そんな特殊な地域に暮らし、出会いと別れを繰り返す中で、限られた機会をもっと上質なものにしてもらいたいと考えるようになりました。本当に満足できる旅に必要なものはシンプルです。“本物志向”というテーマに行き着き、宿泊してくださる人の目線になって、細部までこだわり抜いて構築しました。幸せなことに本質を理解する協力者たちに恵まれ、最高のチームで夢を詰め込んだコンテナホテルができました。白馬への旅の思い出に、ぜひ『raw_』をご利用ください」

太田祐一さん 株式会社covs 代表取締役 アートディレクター/フォトグラファー

「今回raw_のブランドを組み立てていく上で一番重要視したことはオーナーである『高橋恭平』という個人です。企画したのも、作ったのも、運営するのもオーナーです。そのオーナーが自然体で施設を維持していくためにも、彼の人となりや想い、生き方そのものを『raw_』としました。rawという単語自体にも、『ありのまま、加工前の、自然な感情』といった意味がありますし、彼自身も自然と周りに人が集まるような魅力的な人なんです。『raw_=高橋恭平』を可視化し、販促することで肌感覚で共感できる人が集まり、そこからまた広がっていく。それが幼い頃から高橋恭平を見てきた地元の同級生の私にしか作り出せない『raw_』であると考えています」

今野裕貴さん Co.Architect 代表 一級建築士

「大量の情報があふれる近年、最新の店舗・施設が10年も経てば古びた印象になってしまうことは珍しくありません。オーナーの高橋さんと話す中で、時代の変化にも対応できるホテルにというコンセプトに行き着きましたが、建築において“変化”させるには莫大なコストがかかります。ならば外ではなく内で対応しようと、目をつけたのがコンテナ建築。コンテナは1950年代から今まで物体としての形を大きく変えることなく、世の中の物流を支え続けています。この普遍性に着目して外装として採用し、外側は時代に左右されないデザインに、内側は柔軟に変化していけるようにしました。外と内のギャップも魅力です。5年後、10年後と変化していくので、楽しみにしていてください」

月山真子さん Co.Architect インテリアデザイナー

「白馬という自然豊かな地には、“宿に泊まる”ことを目的とせず、土地そのものを楽しむために訪れる方が沢山いらっしゃいます。そんな方々に寄り添う宿とはどんな宿かと考え、raw_の内装デザインを提案しました。快適な生活動線を確保し機能性をもたせながらも、豊かさを感じられるインテリアに。上質な素材の家具、町工場の技術を集結した調理器具、オーガニック成分由来のアメニティ。セレクトしたものはどれをとっても日常の中で特別な印象を得られるものたちです。raw_で過ごす中で『自宅にも取り入れてみたい』と感じていただけたら、そのワクワクがきっと普段の生活も豊かにしてくれることでしょう。raw_から発信する特別な日常を味わっていただけたら幸いです」

白馬エリアについて

raw_があるのは、世界有数のマウンテンリゾート、長野県白馬村。
雄大な北アルプスの麓には人々の生活圏があり、自然と寄り添いながら生きる心を感じられます。四季ごとに違う愉しみがあり、訪れるたび違う表情を見せてくれる白馬は、国内外からたくさんの人が集まるエリア。圧倒的スケールの大自然とそこで育まれた地域文化が、あなたの旅に最高のインスピレーションを与えてくれることでしょう。

宿泊施設概要と予約方法

名称:raw_(ロウ)
所在地:長野県北安曇郡白馬村神城23386-1
公式サイト:https://concept-raw.com/
Instagramアカウント:https://www.instagram.com/raw.hakuba/
Facebookページ:https://www.facebook.com/raw.hakuba
ご予約方法:以下の予約ページよりご予約ください。お電話でのご予約は承っておりません。
https://concept-raw.booking.chillnn.com/
お問い合わせ先:contact@concept-raw.com