【博愛の行方~佐野常民を貫くもの~】佐賀市【佐野・三重津歴史館】佐野常民生誕200年記念企画展

【博愛の行方~佐野常民を貫くもの~】佐賀市【佐野・三重津歴史館】佐野常民生誕200年記念企画展

2022.11.22

佐賀市「佐野常民と三重津海軍所跡の歴史館」では、佐野常民生誕200年記念企画展を12月11日(日)まで開催します!

日本赤十字社の創設、博覧会事業等明治日本の近代化に尽力した佐野常民。その常民の生涯を貫いたのが「博愛」の思想でした。企画展では、佐野の原点ともいうべき「博愛」の行方を人びとに問いかけます。

見どころ①:貴重な「絵画」「書」を展示。
【絵画】日本赤十字社所蔵絵画を紹介。 東郷青児「ソルフェリーノの啓示」「ナース像」、梅原龍三郎「パリス審判図」 寺崎武男「博愛社設立許可の図」、藤田嗣治「佛印メコンの廣野」

【書】 日本赤十字社に関わりの深い有栖川宮熾仁親王 (ありすがわのみやたるひとしんのう) 、大給 恒(おぎゅう ゆずる) 、渋沢栄一といった人物の書を紹介。

見どころ②:佐野・三重津歴史館で初公開となる資料を展示。 常民の幅広い人脈をうかがわせる「博愛社設立初期資料」(個人蔵)ほか、渋沢資料館 などから資料を借用。

見どころ③:日本赤十字社佐賀県支部とコラボ。 佐野常民が創設した日本赤十字社の今の活動を伝えるパネル展を同時開催。 (2階赤十字コーナー)

「博愛の行方~佐野常民を貫くもの~」

展示会場:歴史館展示室
観覧料 :大人500円、小・中・高校生200円、未就学児無料 (同時に常設展示も観覧できます。)
※障がい者減免制度、団体割引あり

開催時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
※月曜日閉館

主催共催:(主催)佐野常民と三重津海軍所跡の歴史館(共催)佐野常民顕彰会

謎解きイベント「うっかり博士とマジカルタブレット」も同時開催!

お子さまも楽しく世界遺産について学べます。(観覧料が必要です。)