【リニューアル】青森県「八戸市魚菜小売市場」オープン当日はオープニングセレモニーや 陸奥湊地域振興イベントを開催

【リニューアル】青森県「八戸市魚菜小売市場」オープン当日はオープニングセレモニーや 陸奥湊地域振興イベントを開催

2022.12.02

「八戸市魚菜小売市場」が2022年12月1日(木)、陸奥湊駅前通りのさらなる活性化を目指してリニューアルオープンしました。

八戸市魚菜小売市場 完成図(外観)

青森県八戸市は太平洋に面した港町として古くから栄えてきました。その顔ともいえる湊地区「陸奥湊駅前通り」は地元漁師の帰りを待って早朝から一日が始まります。

通り沿いには新鮮な魚介や野菜等の商品を扱うお店が軒を連ね、「イサバのカッチャ(魚売りのお母さん)」たちの方言が飛び交い、買い物客で賑わいを見せます。

その中でも八戸市魚菜小売市場は、陸奥湊駅前通りの中心に位置し、戦後から「魚の町の台所」として地域経済を牽引してきました。

施設概要

○所在地:青森県八戸市大字湊町字久保38番地1
○営業時間:午前3時~午後2時頃まで
 ※鮮魚・刺身店は午前11時頃まで
 ※食堂は午前6時~午前10時頃まで


○定休日:日曜日・第2土曜日・1月1日~2日
○販売商品:鮮魚、刺身、塩干物等の加工品、焼魚、海藻類、漬物、珍味 等
○内部設備:売場、厨房、食堂、キッチンスタジオ兼調理室、展示スペース、男子トイレ・女子トイレ・多目的トイレ各1室

<アクセス>
鉄道:JR八戸線陸奥湊駅から徒歩すぐ
バス:八戸市営バス・南部バス「上中道」下車徒歩3分
自動車:八戸市中心街から10分、八戸駅から25分
※専用駐車場はございません。

電話番号:0178-33-6151

最寄りのJR八戸線陸奥湊駅

楽しみ方はいろいろ!新しくなった八戸市魚菜小売市場のポイントを紹介

(1)その場でいただく!新鮮な「オリジナル朝ごはん」
リニューアル前から買い物客に大人気なのが、温かいご飯・お味噌汁と一緒に好きな魚介や総菜を購入して「その場で」いただく、オリジナル朝ごはんです。獲れたてつくりたての食材を口にできるのは、早朝の市場ならではの贅沢です。
市場の中心に広い食堂が設けられているので、ゆっくりと味わうことができます。

(2)朝日に染まる、古き良き港町の景観
市場の中だけでなく、陸奥湊駅前通りの景観も魅力の一つです。昔ながらの雰囲気漂うお店が連なる陸奥湊駅前通りが、昇る朝日に染まっていく様子は趣があります。
今回リニューアルされた八戸市魚菜小売市場は、市場としての新たな価値や役割を見出すだけでなく、これまでの風情も守っていくという思いから設計されました。
ぜひ、新たな景観をお楽しみください。

陸奥湊駅前通り景観1
陸奥湊駅前通り景観2

(3)見て、作って、体験しよう。キッチンスタジオ兼調理室
市場の真ん中に位置する食堂の横には、厨房さながらの調理器具を備えた「キッチンスタジオ兼調理室」が設けられています。魚の解体ショーや料理教室等、あらゆる人が使用できるよう広々とした内部と、それを囲うスライド式ガラス扉などオープンな設計が特徴です。

キッチンスタジオ兼調理室 設備
キッチンスタジオ兼調理室 入口付近

(4)人々の交流の場、オープンスペース
リニューアルオープンでの一番の違いといえるのが、「八戸市魚菜小売市場前広場(オープンスペース)」です。多くの観光客が多様な回遊を楽しめるよう、以前は道路沿いすぐにあった入口が、奥に下げられて広場が設けられました。
開けたスペースは、オープニングセレモニーをはじめとして、今後もたくさんのイベントが行われるだけでなく、行き交う人々の交流の場として地域活性化の一助となります。

八戸市魚菜小売市場前広場(オープンスペース)
八戸市魚菜小売市場 外観