【1/16よりフルーツショップ青木にて販売中】“フルーツ1日200g”が摂れるプロ厳選の極上フルーツセット

【1/16よりフルーツショップ青木にて販売中】“フルーツ1日200g”が摂れるプロ厳選の極上フルーツセット

2023.01.20

フルーツ専門店「フルーツショップ青木」にて、2023年1月16日(月)より1日約200gのフルーツ3日分を詰め合わせた『フルフル200セット』を販売しています。

厳選された果物で美味しく健康に!『フルフル200セット』

青木フルーツHDでは、健康のために1日約200gのフルーツ摂取を呼びかける「フルフル200」という運動を行っています。(運動の詳細は次項目参照)

『フルフル200セット』イメージ

『フルフル200セット』は、フルフル200の考え方に基づき、フルーツショップ青木が厳選して販売を行っている極上フルーツの中から、フルーツ1日約200gを計3日分(計約600g)詰め合わせたセットです。
季節ごとに厳選した美味しいフルーツを、約4種類以上ランダムで詰め合わせています。「健康のためにフルーツを美味しく食べたい」「品種・見た目や大きさなど様々なフルーツがあり、どれが美味しいのか分からない」「色々な種類のフルーツを少しずつ美味しく食べたい」という方にぴったりのフルーツセットです。

『フルフル200セット』
販売価格:1,000円~(税込1,080円~)
※内容によって価格は変動します。

商品内容:フルーツ1日約200g(可食部)3日分詰め合わせ
※画像は商品一例です。入荷状況や旬の状況に応じて詰め合わせる果物が変わります。

販売期間:2023年1月16日(月)~通年(予定)
販売店舗:フルーツショップ青木 東武池袋店を除く全店(計6店舗)

フルーツ1日200gはたったの「手のひら1つ」分!

フルーツ200gは片手の手のひら1つ分で収まる程度の量です。食事の間に、小腹がすいたときに、朝食代わりになど、1日の様々なタイミングの中で気軽に食べきることができます。
フルーツ1日200gの組み合わせ一例をご紹介します。

①リンゴ2切れ×デコポン1玉
②バナナ1本×キウイ半玉×オレンジ半玉
③バナナ1本×オレンジ1玉
④デコポン1玉×キウイ1玉

1日200gのフルーツ摂取を推進する運動「フルフル200」

フルフル200

フルーツにはビタミン・ミネラル・ファイトケミカルといった微量栄養素や食物繊維など、人間に必要な9大栄養素がすべて含まれており、様々な世代の方の健康をサポートする完全食と言われています。しかしながら現在、日本人のフルーツ平均摂取量は1日100g以下で、日本人の約85%が1日200gのフルーツを摂取できていない結果となっています。

そこで青木フルーツHDでは、健康のために1日200gのフルーツ摂取を呼びかける「フルフル200」という運動を行っています。

『フルフル200セット』はこの「フルフル200」の考え方に基づき、1日200gのフルーツを毎日おいしく召し上がっていただきたいという想いから生まれたフルーツセットです。

フルーツ摂取のメリットなどがわかるフルフル200公式サイト:https://aoki-group.com/fruful200/
※日本人のフルーツ摂取量に関する情報は、下記表1、表2を参照ください

日本人のフルーツ摂取量について

表1

日本でのフルーツ摂取量は年々減少傾向にあります。フルーツを一日平均200g以上摂取できている人は、全体では14.8%。全体の6割近くの人は「50g~150g未満」しかフルーツを食べていません。

表2

日本人のフルーツ摂取量は、欧米諸国の1/3〜1/2程度にとどまっています。また、世界174ヶ国中129位と、世界平均やアジア平均よりも下回っており、極めて低い水準です。(「FAOSTAT」:2011年)

フルーツショップ青木とフルーツマイスターについて

1924年創業のフルーツ専門店「フルーツショップ青木」は、東北・関東に現在7店舗を展開しています。フルーツショップ青木では、熟練のフルーツマイスターが市場や生産農家を訪れ、厳選したフルーツのみを仕入れています。「フルーツマイスター」はフルーツショップ青木で代々受け継がれる称号。フルーツマイスターが選び抜いた極上のフルーツを、一番おいしいときにお召し上がりいただけるよう、鮮度や熟度を徹底的に管理してお届けしています。

フルーツショップ青木 イメージ
フルーツショップ青木 店内イメージ

フルーツショップ青木:https://fruits-aoki.com/
アオキフルーツオンライン:https://aokifruitsonline.com/

【店舗一覧】全7店舗(2023年1月現在)