1枚2,000円〜。モダンなデザインの西陣織マスクの新作やマスクケースが続々とリリース

1枚2,000円〜。モダンなデザインの西陣織マスクの新作やマスクケースが続々とリリース

創業150年を超える西陣織メーカーである株式会社加地織物(京都府京都市) がオンラインサイトで販売する西陣織マスクは、好評により販売開始から3ヵ月弱で販売数15,000枚を突破したそうです。


マスクのためだけの新しいオリジナルの西陣織の生地を製作できるという強みを活かして、続々と新作マスクをリリースしていることも特徴です。


いろいろな柄・カラーの西陣織マスク


0401
西陣織マスクGold Line (navy blue)
0402
西陣織マスクIvy(light blue)
0403
西陣織マスクIvy(white)
0405
西陣織マスクFox(gray)
0406
西陣織マスクArt Face

気になる特徴と商品詳細

西陣織マスクの特徴


nishijin maskの西陣織マスクは見た目だけでなく立体の形にも非常にこだわっています。「マスクが口に当たらないから着けていてすごく快適」といったお声が多いことも特徴です。また西陣織を使ったオリジナルのマスクケースも提供を開始しています。表地には西陣織生地、裏地には高級感のあるサテン生地が用いられていて、マスクだけでなくマスクケースも良質なものをお届けしています。


0407
西陣織マスクケースGold Line
0408
西陣織マスクケースGold Line
0409
西陣織マスクケースRose
0410
西陣織マスクケースRose

1枚1枚丁寧に作り上げた良質な西陣織マスクは、大切な人への贈り物としてもピッタリです。専用のプレミアムギフトボックス(有料オプション)も用意されています。


0411
プレミアムギフトボックス

商品詳細


品名:西陣織マスク


対象:風邪・花粉・ホコリ等


素材名本体:キュプラ50%、ポリエステル50%
耳ひも部分:ナイロン、ポリウレタン


販売:オンラインショップ「nishijin mask」にて販売中です。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP