「大阪・関西万博」ロゴマークが応募総数5894作品の中から決定しました。

「大阪・関西万博」ロゴマークが応募総数5894作品の中から決定しました。

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は25日、2025年日本国際博覧会(以下、大阪・関西万博)のロゴマーク「最優秀作品」を発表しました。


応募総数5894作品の中から選ばれたのは大阪出身のアートディレクター、シマダタモツ氏が代表を務める「TEAM INARI」の作品で、本デザインのコンセプトは



踊っている。跳ねている。弾んでいる。だから生きている。大阪・関西万博。1970 年のデザインエレメントをDNA として宿したCELL たちが、2025 年の夢洲でこれからの未来を共創する。関西とも、大阪府ともとれるフォルムを囲んだメインシンボルだけでなく、CELL たちは、文字や数字を描きだし、キャラクターとしてコミュニケーションする。自由に。有機的に。発展的に。いのちの輝きを表現していく。



とのことです。


チームメンバーは、シマダタモツ氏と雨宮 深雪(あめみや みゆき)さん、大亦 伸彦(おおまた のぶひこ)、上村 慎也(かみむら しんや)、布川 侑己(ぬのかわ ゆうこ)、藤澤 勇佑(ふじさわ ゆうすけ)さんです。


今後、本作品を公式ロゴマークとして、大阪・関西万博の周知と更なる機運の醸成に活用されます。


なお、優秀作品には以下4名(グループ)の作品が選ばれました。


優秀作品


作品A


 作者:髙橋 恵佑(たかはし けいすけ)


作品B


 グループ名:白子グループ(しらこ グループ)
 作者(代表者):白子 侑季(しらこ ゆうき)


作品C


 グループ名:minamo(ミナモ)
 作者(代表者):須藤 史貴(すどう ふみたか)


作品D


 作者:坂本 俊太(さかもと しゅんた)


 


大阪・関西万博は、2025年4月13日~10月13日に大阪市の人工島・夢洲(ゆめしま、同市此花区)で開催予定です。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP